FC2ブログ

記事一覧

鎌倉 江ノ電に乗ってテンスケへ 

この日は江の島に行った帰りなので、1月25日の月曜日。
江ノ電に乗って夕日を眺めながら
イメージ 1
その日の記事はこちら↓
そして終点鎌倉。
小町通りを歩き、途中でオミヤの買い物をして、こちらのビル。
イメージ 2
一階の焼き鳥屋は美味しいらしいのですが未訪。
曜日によっては開店待ちの行列もある。
月曜は[茶女]が休みなのですが…
[テンスケ]
イメージ 3
月曜はトモちゃんの日なのです。
こんちは~。ご常連さんが何人か立っておられて、そのあとにもいろんなご常連さんが立っては去っていく。
みんなトモちゃんのファンなんだな(たぶん)。
イメージ 4
金宮ゆずサワー
最近はこればかり。このゆずは本物。レモンサワーが欲しいがレモンがないので、と断られている人もいるので、どれもシロップではない。
イメージ 5
CDで隠れているのは「いつもの唐揚げ」。
こちらは、当日の担当者によってメニューが変わり、共通しているのは「から揚げ」。
だいたい、今日は何があるのかFacebookに出ているので、目をつけていたのをいただく。
来たときはご常連さんがトモちゃんの「自家製からしれんこん」を辛い辛いと言いながら食べてました。
レンジで温めて出してくれるのですが、途中ボン!と。バラ肉が爆発したようです。
「それでいいよ」と言ったのですが、「だめよ」と。
イメージ 6
豚バラ肉と三浦大根の煮物
三浦大根と名打たれて食べたのは初めてか。
大根まで豚肉の味が染みて旨い。
一応一味を振りかけて。
イメージ 7
赤魚かす漬け
そのまま出さず、トマトカイワレにおろしまで添えてくれるのがうれしい。
イメージ 8
ゆずサワーはこの日計3杯。
途中「そういえば**さんとは今年初めてね」
「そう、前に来たらママに変わっていた(笑)」
明けましてお目でとうございます、の挨拶。
「これは新年の挨拶」とまた「鎌倉みやげ」。
それをその場にいらっしゃる方々にふるまうのがトモちゃん流。
イメージ 9
これ鎌倉ハムのポークジャーキー。
なかなか好評でした。
そこから 「鎌倉みやげ」の話。鳩サブレーは食べたことはあるが、あじさいサブレに大仏サブレ、江ノ電サブレなど、「食べたこと」がないで、一同の一致。
イメージ 10
ぬか漬け盛り合わせ
「なにがある?」と聞いてキュウリと大根だけというぐらいのわがままは聞いてもらえるぐらいにはなりました(笑)。

この日「やっぱりな」と気が付いたことがある。
こういうのは新規のお客さんが来て気が付く。
新規のお客さんは注文もしたいときにするし、お金を出すのももたもたする。
話も自分たちだけでしようとする。
ご常連は、ピンで来ていることもあるが、この店が一人で切り盛りしているのを知っているから「手が空いたら」などの言葉も添えるし、中にはお釣りで50円玉が多く必要なのを知っていて、大量にお持ちの方もいる(凄いな)。
まあそれは常連かどうかだけでなく、その人の資質とも言えますがね(笑)。
イメージ 11
長居しないのも一つのルールかな
    
では
金宮ゆずサワー 400円×3
豚バラ肉と三浦大根の煮物 350円
赤魚かす漬け 200円
ぬか漬け盛り合わせ 250円
計 2000円
ごちそうさまでした

イメージ 12
最寄り駅で進められてワインの3種の試飲。
試飲して帰るだけというのができない心臓なので、赤ワイン1本購入。

[テンスケ]
鎌倉市小町2-11-11 大谷ビル2F
070-2178-0088
16:30~23:00頃
不定休
スポンサーサイト



コメント

No title

ぶらくり佐藤さま。
おはようございます。
鎌倉は大抵が観光地価格で、それは仕方ないと思っていますが、地元の人の普段使いの店には手ごろのお店もあるようです。
もう少し温かくなったら散歩に最適ですが、修学旅行生がいない今がいいとも言えますね。

No title

mojitoさま。
自分も新規の客の店もありますから、偉そうなことは言えないのですが、ちょっと言ってみました。
店のルールを読み取ろうと頑張るタイプですから(笑)。

No title

本日のおしながきを見てて頼みたいとおもったのが、豚バラ肉と三浦大根の煮物、ドンピシャでございました(^^ゞ
地産地消ってのはいいもんですよね♪

No title

何事も配慮ですよね普段腰が低いのに飲み屋で横柄なひとっていますしねのぶ

No title

ノブさま。
やはりこの中ならこれ、ですよね。
大根が一緒だとちとヘルシーな感じもしますし
鎌倉野菜も注目を集めているようです。

No title

のぶさま。
配慮ですね。横柄なお客は案外家ではおとなしかったりして(笑)。

No title

他のお客様との注文の「前」みたいのもあるし、会計も少し早めに伝えておくとか、タイミングってありますね。難しいけど。もちろん、こちら側としても気遣いしたいと思わせてくれるお店になるのでしょうね。

No title

うーん、こりゃ美味しそうだ~♪
やっぱり行かなきゃかなぁ!

No title

店員さんが一人とか、見ればすぐに分かりそうですけどね~
何故このお店に来ようと思ったのか聞いてみたいです(^o^)

No title

おはようさぎ
発注やお会計、慣れたお店であれば
お互いにタイミングも自然に合うようになって来ますよね♪
私のお気に入りのお店は、
店主様のお耳に合わせて、大きめの声で発注(笑)
何度か忘れられた経験から
あれ?どうなってる?みたいな声掛けが
必要と体得致しました♪(○´艸`)
でも、これはいきなり違うお店でやると
感じ悪いですよね♪

No title

やまぴょんさま。
確かにそう思わせる店の雰囲気って、ありますよね。
まあ、この日はみんなトモちゃんファンの集いでしたからね。気を使っております。

No title

ぽちぽちさま。
はい、場所はもうご存じでしょうから、ぜひ階段登っちゃってくださいませ。

No title

小太郎さま。
ふらりと入るには、地下とか二階はなかなかハードルが高いですからね。何かで調べたのか?
時々、どうして知りました?と聞く店がありますが、その気持ちわからないでもないですね。

No title

びびりさま。
確かに、店ルールとともに、店主がどんな人かでこちらがひと工夫必要ですね。
確かに大声は、似合わない店も多そう。

ご常連がそっとアドバイスしてくれる店は、初訪でも、とてもうれしくなります。

No title

こんにちは
10年ほど前まで父親がやっていた鹿島海水浴場の海の家を休みになると手伝っていました。昼時、一人のお客さんが食事を注文すると他のお客さんが次から次へと注文しました。5分間早くしてくれるか、遅くしてくれれば楽に作れるのですがオーダーが殺到して困りました。また、5人のお客さんの中で4人がカレーライスを注文したのですが、一人だけ冷やしソーメンを頼むお客さんもおられました。遅い、まずい、値段が高いとクレームをしつこく付けるお客さんなど、いろいろな人がいるものだと思いました。でも、毎年来てくれる常連さんは、忙しいだろうと食事の時間をずらせてくれたり、すべてカレーライスでいいよと言ってくれました。お金を払って食事をしてくれるお客さんは大切にしなければなりませんが、辛抱、辛抱、お客さんは神様だと言い聞かせて手伝っていました。

No title

こんにちは。
私はあまり気遣いができないため、王子の狐さんのブログで勉強させて頂いております。

常連さんの割合が高いお店は入りづらいなと感じますが、テンスケさんは常連さんもお店の方も優しそうなので例外ですね

No title

testpilotさま。
そういう気配りのできる常連さんはありがたいですね。
一方、高いとしつこくクレーム、そう思うなら、食わなきゃいいんだ、そう言いたくなりますね。
ホント客商売は大変だな、と思います。

No title

浜雪さま。
いや、謙遜なさっているだけですよ。
ただ、大抵カップルなので、ご主人が気配りできればよいのかも。
数人の賑やかなグループでもひとり「まとも」な人がいるだけで、印象が違ってくる、あれです。

No title

倉ハムのポークジャーキーいいな~
きっと高いよね???

No title

ゆきみさま。
それがなんと300円+税なんです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ