FC2ブログ

記事一覧

読売ランド前 ドトールのマニュアルにないプロ接客

本来は、昨日は14日(日)の[大鵬]、おとといは13日(土)の[鳥清]の呑み記事をあげたのだから、順番でいくと今日の記事は15日の呑み記事、となるわけだが、残念ながらその月曜日は一日はっきりしない天気で、そういう時は一日寝て過ごすことになり、結句呑みには行かず、では今日の記事はどうしようかと考え、2月の初めに、あちこちに行った中の、2月の3日に日本女子大に行った帰りのモーニングのことでちょっと書きたくなった。
最寄り駅は小田急の読売ランド前駅だ。
はじめて下りたのは二十年程昔、もう駅前から遊園地が見えているのかと思ったがそうではなかった。
ちょっと家からは遠いので、子どもが幼いころにこちらに来たことはなかった。
いまはむろん遊園地に行かないので(笑)、自分にとっては何十年も前から、こちらは日本女子大附属中高に行くための駅で「日本女子大前」と改名したほうがいいのではないかとさえ思っている。

で、駅前にはマクドナルドとドトールがある。
最近はマクドナルドで食すことはほとんどないので、前はそちらに入ったが、今日はドトールに入ってみた。
たぶんドトールというコーヒーショップを知らないという人はいないと思うが、これは日本人創業のコーヒーチェーンで、コーヒーチェーンとしては日本最多のようだ。
まあ、お店としては取り立てて話題にするほどのものでもないように思う。
当然マニュアルに基づいた対応だし。
時々コンビニなどで、マニュアル外しのようなことをしてみるが、まあ臨機応変な、または当意即妙な返答などできるはずもなく、むしろそんなことのできる人もたまにはいても、それは後で注意を受けるんだろうか。
というわけで、この日も席があるかどうかだけを気にして入店したのだが。

並んでるうちに「次のお客様は」とレジ係以外の人(この日だと男性)がカウンター越しに聞くことがよくある。待たせないための方法ね。
それで自分がレジの番に来たとき、「次のお客様は」と当然後の人にも聞く声が聞こえるわけだが、次の次の人だったか、その声が違って「いつものですね」と男性が言ったのだ。うなずくお客。
たぶん、個人経営の喫茶店なら、ありうるだろう。新聞をもって席に着くと「いつものね」これは大いにある。
フランチャイズのコーヒーショップで初めて聞いた。
ではこの人だけなのかというと、そのあとに来たあるお客さんにも「いつものですね」と言っていた。
いったいどれぐらい通えばそういう声かけになるのか、きっと長い間判で押したように同じ時間にきて、同じものを注文する、その中で覚えてもらったものなのでしょう。

さて、店内は禁煙と喫煙に席が分かれている。
当然自分は禁煙の席を確保するわけだが、自分が席に着いたとき、その前後で数人がモーニングセットを頼むことになって、みんなコーヒーだけを先にもらって席に着くことになる。食べ物は後だ。
レシートには「お客様0182」と書いてあるので、[富士そば]のように番号で呼ぶのだろうか。またはAセットのかた~と呼ぶのだろうか。
自分のようにレジに近い禁煙席ならいいが、確か自分の前の女性は奥の喫煙スペースに行ったから、聞こえにくいだろうな。
と思っていたら、男性が「Aセットですか」とも言わず運んで来た。
番号の立った札がトレーにあるわけでもない。レシートも見える位置に置いていたわけではない。
するとこの男性は「次の方は?」と聞きながら、だれがどこに座ったのかを把握して、これは喫煙の彼女に、これは禁煙に座った男性に、と頭に入れていたのであろう。
持ってこられたとき、普通のように自分は「あ、すいません」と言うが、それに対しても「こちらこそすいません」と返す。謝ることは何もない同士(笑)。
う~ん、プロだな、と思う。
久しぶりにそう思う仕事に接した。
イメージ 1
Aモーニングセット ハムタマゴサラダ
きっと今日もモーニングにくるお客さんに「いつものですか」と問うたり、客を覚えて運んだりしているのだろう。
Aモーニングセット 390円
ごちそうさまでした


ちなみに、モーニングはほかに3種類
イメージ 2
(左より)
Bあつあつハムチーズ~2種のとろけるナチュラルチーズ
Cジャーマンドック
Dチーズフォンデュソースドック
がある。

[ドトールコーヒーショップ 読売ランド駅前店]
川崎市多摩区西生田3-9-26
044-954-2602
7:00~21:00
無休
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようさぎ
キャー♪これはびっくり(*°○°*)♡!
めちゃくちゃ私のテリトリーではないですか♪(ノ*°▽°)ノ
ほぼ毎日、通ってますよ♪(○´艸`)
またのお越しの時にはお声掛け下さいまし
しかし、こちらのドトールには近すぎて、
入った事がなかったです!
そのスタッフの方は注文をただこなそうと言うのではなく、
個人個人を見て下さっているのですね
そのお心配り、私も見習いたいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

No title

やはり、人、人でございますね!!

No title

びびりさま。
おお、縄張りでございましたか。
それはすんつれいしました。
でも、自分が行くのは年にイチニカイかな。
いつか良かったら、入ってみてください。たまたま、その時接客悪かったりして(爆)。

No title

ノブさま。
さすがの至言です。
飲食も普通の仕事も人に始まる、人が物語る。
また自省します。

No title

こういう方々が客をつかむんですね行きたくなりますのぶ

No title

のぶさま。
きっと、客も気分転換に店を変えようと思っても、できなくしちゃいますね。
俺はまだ言われてない。とがっかりのお客もいたりして(笑)。

No title

アルバイトメインでチェーン店でのプロの接客、素晴らしいね!
正に企業は人なりだねぇ♪

No title

ぽちぽちさま。
きっと、ただの接客でも、誰も文句は言わないでしょう。そんなもんでしょ、こういう店は、と。
そこに食い込む彼に、エールを送りたいですね。

No title

プロフェッショナルの力量を感じますね。こういうのが出来る方って、天性のセンスなのか、努力によって培われていくものなのか?どっちにしても、こういう人、好っきやわ~!

No title

やまぴょんさま。
天性のものなら、我ら諦めて羨むしかないが、努力の賜物なら、それに5ミリでも近づきたいですね。
居酒屋でも食堂でも、接客悪かったりすると、台なしだもんな~。そして、こちらも「客の品格」を身につけたいですね。

No title

神対応ですな。
わたしは逆立ちしてもそんな対応できないですね。
いやはや素晴らしい。

No title

ほう、ドトールでもこういう接客を実施しているんですね。
ちなみにコメダ珈琲が全店舗こんな感じだとTVで紹介されていたのを見たことがあります。
ラーメン店でも、客の好み注文をまとめて全て覚えて厨房に伝え、出来上がった時に迷うことなく着丼させるパフォーマンスなのかサービスなのか。
いずれにしても接客は大変ですなあ。

No title

これはスゴいですね。
その店舗で永く勤めていらっしゃるのでしょうか。
ひとりひとりのお客様を大事にされているのでしょうね。

No title

おはようございます。

素晴らしい接客ですね。このような店員さんがいるお店には自然とお客さんが集まり、常連さんも増えていくと思います。
接客で売上が変わる!、という記事をまた思い出しました。

No title

mojitoさま。
そう、神対応。
したくても、だんだん人の顔や名前が覚えられない世代に…(笑)。

No title

ypさま。
コメダってそうだったかなぁ。数少ない経験だと憶えてないですね。
ラーメン屋の着丼はすごいですね。
やがて初訪でも顔を見て麺固め脂薄めなどを当てるラーメン屋が登場したりして。

No title

ぶらくり佐藤さま。
我々が飲み屋で顔を憶えてもらったり名前で呼ばれたりすると愛着がわくのと同じでしょうね。
銀座の一流のママさんは一回来ただけで覚えるといいますし。

No title

浜雪さま。
また思い出しちゃいましたか!(^o^)

先日お書きになった星川のラーメン屋もそんな感じなんでしょうね。
安くてうまいが接客はなっとらん、という店は生き残れないんでしょうねぇ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ