FC2ブログ

記事一覧

東神奈川 あ、そうなのねの龍馬

さて、東神奈川ウオッチャーのひとりとして、巡回活動に降り立ったのは2月24日のことで。
前日も「結果休肝日」だったので、2日連続がいいとわかってはいるが、やって来たのがこちら。
と言うか、このところ、夜になると小雨が降る。一雨ごとに春が近づいているのだろうが、ちょっとね。
[立呑み 龍馬]
イメージ 1
入ったのは22時を15分ほど過ぎたころだろうか。
のれんも出ているし、看板に明かりもついている。
いつもはにこやかな店長さんが、笑いながら、知った顔だからしょうがねえな~という感じで「どうぞ」とカウンターの一画を示す。
ありがとうございま~す!
「もうすぐラストオーダーですけど」
はいはい、の返事は心の中だけで言って「日本酒、冷酒で」。
「地獄豆腐。紅しょうがに…ちくわ。あ、あとお好み焼き。それで」
「それで」にはもうツマミは頼みませんよの合図ね。
イメージ 2
吉乃川・厳選辛口 普通酒(新潟)
丁度新しく開栓した瓶で、やっぱりそれはうれしいね。
テレビは「水曜日のダウンタウン」だった。これを眺めながら呑む。
イメージ 3
キャベツは無料のお通しだからあまり文句は言えないが、当たりの日とはずれの日があって、今日はややはずれ気味。
イメージ 4
地獄豆腐
ちょっとぼけたのは仕事で疲れて目がかすんでるから。
激辛なんです。
これはどちらかと言うと日本酒より酎ハイとかに合うメニューか。
イメージ 5
紅しょうが・ちくわ
紅しょうがのサイズにも慣れた(笑)。
あ、事情をご存じない方のために付言しておくと、こちらかなり縮小しちゃったのです。
イメージ 6
お好み焼き串
キャベツは二度づけ禁止のウスターソースよりも、とんかつソースや地獄豆腐のタレのほうが合う。だからどちらもキャベツを摂取するための発注のようなものだ。

時間が10時半になり、「ラストオーダー」。
前は「食べ物だけラスト」(油の火を落とすので)となり、少しして「飲み物ラスト」の2段階だったのよ。
ところが「飲み物も?」「飲み物もラスト」。
えっ、そうなの。
う~ん、じゃあ今日はいいや。
まあ、ここで頼んであと十数分テレビを見てもいいが、なんだかちょいとせかされている気がしたな。
早速もう、カウンターに値段の書かれた伝票が置かれたし。

まあ、わかるんですよ。なかなか帰らない客と、そのあと片づけなければならない事情。レジも〆なきゃならないし。自分たちも早く帰りたい。
そこから「逆算」して、10時半完全ラストオーダー。
むろん、早い時間に来る客にとっては何にも気にならないのでしょうが、自分のような遅い客には、窮屈になった気もするなあ。
いや、それはこの店に対して感じているんではなく、むしろ「時代の空気」そのものに息苦しさを感じてる、ひと世代前の人間だからか。
先にお勘定を済ませて、ちょっとだけテレビの切れ目まで居させていただこうか。
吉乃川 330円
地獄豆腐 250円
紅しょうが 100円
ちくわ 100円
お好み焼き串 300円
計 1080円
ごちそうさまでした

また伺いますよ^o^

[立呑み 龍馬]
横浜市神奈川区東神奈川1-12-5 リーデンスフォート横浜202
平日 16:00~23:00
土日祝 13:00~22:00 

スポンサーサイト



コメント

No title

お店の方針だから仕方のないことでしょう。
まあ、言い方ひとつで印象も変わってくるでしょうけど。
お店は客を選べませんからねえ。あっ違うな・・・
最後の8行が波紋をよびませんヨーニ。

No title

mojitoさま。
まあ自分が働く側だったら、「そろそろ帰れば」と思うんでしょうねえ(笑)。
前にご指摘いただいたように、ビルから厳しく言われてるのかも。
その点で、家で呑み屋をやっている個人経営店は時間が緩くてイイデスネ。

No title

やまぴょんさま。
まあ、その分、やった~入れた~という喜びを味わえます。
土曜日曜なら余裕があるので、そちらで利用かな。

No title

ノブさま。
はい、もう少し温かくなったら、駅の反対側を徘徊しようかと。

No title

小太郎さま。
口開けだと店も準備がまだな感じでいいですよね。空いてるし。
もっと日が長くなって、まだ明るいうちから呑むのが好きです。

No title

のぶさま。
まあ、もっと早くおいでよ、と言われればそうなんですが。
なんだかんだ言ってもそれでも行くんですから、やっぱ龍馬、好きなんだな(笑)。

No title

びびりさま。
雰囲気と受け取り方次第なんでしょうね。
自分も忙しくてもゆったりした雰囲気を出そうと自省しました。
一方、暇なのに忙しいふりも(爆)。

No title

ypさま。
う~ん、その雰囲気がイヤ、または苦手なんですよね。

もちろんお店に従うのが客と思っておりますから、そちらはきちんと守りますよ。長っ尻にならないのがひとり呑みですからね。

No title

こんにちは😊

お店にどんな事情があるかは分かりませんが、それをお客様へ感じさせたり態度に出したりしてはダメだなぁと思いました…😑
よく来て下さる常連さんほどお店や店員の状況などを察してくださって気を遣って下さっているのだから大切にしないと…です。
紅ショウガに原価はあっても笑顔に原価はないのですから、紅ショウガが小さくなった分笑顔で補わないとですよね~😄

私も接客業をしていたので、ついつい気になってしまいました…😅スミマセン。

また気持ちよくお酒が飲めるようになると良いですね😊

No title

ぷりんさま。
まあ、文字にするほど不快ではなかったのですよ。
ここ美味しいですからね。
まあ、堀北真希に何度もアプローチした旦那さんの、あ、まただめか…そんな感じかな(推測ですが)。(笑)

No title

龍馬愛から出た感想なんですね。
接客する身としては気を付けねばと思いました。
一瞬一瞬が勝負ですね。

No title

呑み酒士さま。
そうなんです。
かなりの片思いですが(笑)。

自分も余計な一瞬でお客を怒らせることが多いので、自戒自戒。

No title

お客さんも色んな人がいますからねぇ。
自分などは歳相応に相手の顔色を読むようになったものですから、トラブルは減ったのですが、どうもパフォーマンスが小振りになりまして。
それにしても、龍馬さん、行ってみたいです。

No title

こんにちは。

そのお店で飲むお酒やお料理はもちろんですが、「そのお店で飲むひと時」が好きと感じるお店ってありますよね。
きっと龍馬さんもそんなお店の中の1つで、だからこそ今回はちょっと窮屈さや寂しさを感じた…ということかなと推察しました

No title

ぶらくり佐藤さま。
トラブルは減ったがパフォーマンスも小振り、わかるなぁ~。
自分はオトコの更年期か、すべてが面倒で億劫になりました。
飲み屋だけはせっせと行くので、都合のいい更年期ですが(笑)。

龍馬、いいですよ~。

No title

浜雪さま。
ありがとうございます。
そうなんでしょうね。
だから、根岸家など数十分でもくつろいだ気になりますもん。

まあ、こういうのは世の中の既婚男性が女房に感じるものと同じだと、思いますよ(爆)。

No title

私がお店の人だったら
地獄豆腐の人が来たって
言っちゃうな(笑)

No title

地獄豆腐、強烈な色ですねっ
相当辛いのかなぁー
オロチョン激辛並みかなぁ
あ、今日はじぇんとるまんでモツ煮豆腐とスーパードライ大瓶やっつけて730円払って帰ってきたよー
これから何食わぬ顔して晩御飯食べるんだよー

No title

ゆきみさま。
あはは、そう呼ばれているかも。
確かに、あまり発注するのを見たことない。

No title

ぽちぽちさま。
そうそう、何食わぬ顔での晩飯食い。
毎日やっちゃってますよー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ