FC2ブログ

記事一覧

大阪でまたまた呑む その1(みふね・明治屋)

昨年の11月、母が逝った。
しかし、その地は亡くなった姉がいたから、の小豆島であり、そこに墓はない。父親が亡くなったとき姉は大阪の一心寺に納骨した。ここは遺骨を使って仏像を作る、そういうお寺である。
とすると、母もまた、そうすべきであろうか。いや、もはや誰とも相談できないし、そうするしかない。母親の意識があったとき、その相談は受けていないのだ。
ならば、四十九日が済んだら、さっさとそうしろ、のお叱りを受けるかもしれない。
ちょっと待ってください。こちらの職業柄、年末から翌春にかけて、全くまとまった休みが取れないのだ。
従ってその間、母の遺骨と白木の位牌は家で遺影とともに祀っていた。
そこで、毎日でないのは情けないが手を合わせ、話しかけ相談をもちかけていた。頼みごとをしていた。何をいつまでもそうしてやがる、家のものからはそう言われたが、その間は久々に母と会話ができた濃密な時間であった。
そしてようやく昨日、というのは4月25日、大阪の一心寺で納骨した。
イメージ 1

新幹線で新大阪へ行く。
イメージ 2

イメージ 3

今日のホテルは横浜にもあるメルパルクだ。

イメージ 4
チェックインすると、3時からなのに、まだ1時半だが部屋に入らせてくれた。ありがたい、ひと息つける。そして御堂筋線で天王寺、面倒なのでそこからタクシー。
受付を済ませ、1万、1万5千、2万と言われて1万5千円を払い、真言宗だったのか、お経をあげてもらって(他にも十数人いる)さよならだ。
すでに仏像になったおやじに、オカン連れてきたで、仲良うしたってや、そう頼んできた。
そして手ぶらになった。
あまりにもあっけなく、喪失したような、手ぶらである。
もう、自分と血のつながった者は娘しかいない、そういう手ぶらである。
名残惜しく巨大なお寺の回りを一周して、新世界の方に向かった。
これで今回の一番の仕事が終わった。
イメージ 5

通天閣の近くで、おっさん5人組か。みんな野球帽をかぶっている。そうだそうだ。飲み屋に入るおっちゃんは正ちゃん帽が似合う。

新世界に行ったからって、串カツをいただくわけではない。
ここでいただくのは、ジャンジャン横丁で、前に一度きたことのある立ち飲み屋だ。
[みふね]
イメージ 6

イメージ 7
カウンターに立ち、ビールのこびんと言う。しょうびんやな、と言い直され、きた。
ぷは~。数時間水分を取らなかっただけであるが、今日の大阪は25度ぐらいか、初夏のように暑い。
ここはショーケースに焼き魚その他があり、あとは、おでんの鍋がある。
イメージ 8
まずはおでん。
イメージ 9

牛すじと玉子
値段はどれも110円で、串の数で数える。ただ、先に帰った常連さんも自分も、一応おでんの数を言う。串に刺してないものもあるからか。こういう時にごまかす人間はいない。だから店のおばちゃんもそれを信じる。
おばちゃんと言ったが、この方はさっき空襲でえらい目ぇした、そんでも大阪が好き、そういう年齢である。
自分の母親とどっこいどっこいか。
ショーケースにあっためざしを
「めざし焼いて。それから一級も」
「お酒は燗で、常温で?」
まるで、実家のような会話だ。
ちら、と見たら酒は富久娘の上撰だった。


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13
このころきた、ややせっかちなカップルの男性が大阪の人だなぁと思った。
「あと、シューマイ、あげたって」
「シューマイは揚げへん。レンジや」
「シューマイあげたって」
わかります?
揚げないと言っているのに、ごねているようでしょ。
実は2回目のあと、彼が自分で言い直したので店にも通じたが、自分にちょうだい、これをあげるを用いて表現している。縦列駐車の時、前の車どけ!ではなく、どけたって(車のために、移動してあげてください)と言うのと同じだ。
ここでは隣りの彼女のためにください、そう言っているわけだ。
イメージ 14

気がつけば自分だけだ。こちらもおいとましよう。
おおきに、ごっそさん。
「なんや、雨降りそうやな」
これで、また来ますから、それまでお元気で、そう表しているわけだ(笑)。

ビール小瓶 280円
一級酒 280円
おでん 110円×2
めざし 190円?
計 970円

ごちそうさまでした


さてそこから天王寺まで歩き、目当ての店はまだのようだ。

イメージ 15
ガラガラ
何時からですか? 5時ね。
では、やはりあちらから。
これも再開発されてできたヴィアあべのウォーク、ここにある。たぶん滞在中毎日行くのではないか、と。
[明治屋]
イメージ 16

開けた時はテーブルに二人のリーマンだけでカウンターは誰もいなかった。入口近くの端を示されて
「お燗」
これだけで奈良の梅乃宿の本醸造がくるわけだ。
こちらは各種の地酒もあるが、樽から注がれる、かつてなら、松竹海老、今は梅乃宿、これが甘くていい。

「今旬なのはホタルイカの酢味噌、あとは、竹の子かな」とアドバイスを受ける。
イメージ 17
きずし・湯豆腐
こちらの湯豆腐は絶品である。
この後、5時ごろになったためか、ネクタイを外したワイシャツや着物姿、スーツ姿、そういう人たちがカウンターにテーブルにと来て、きずし!イカ団子!と注文がかかる。
イメージ 18

イメージ 19


おことわり
このあとの記事を書いたが、画像の容量が超えてしまった。
以下続く、でお願いします。


[みふね]
大阪市浪速区恵比須東3-2-14 
電話非公表
10:00~20:30
火水曜休 
スポンサーサイト



コメント

No title

お疲れ様でした、二親を送った後ってマジ淋しいもんがありますね…

でででで、いいお店でいい呑みされてますね、これもまた供養の一環になりますね…

No title

ノブさま。
そうですよね。姉もいなくなったので余計ですね。

はい、今日は親父が飲んだであろう辺りで飲んでみます。
供養呑み、追悼呑み、という新ジャンルです(笑)。

No title

元気なうちにそう言ったお話って
中々しませんよね…

のぶさんへのアドバイスとても参考になりました

もうすぐ母の日なので
実家に行く予定ですが…
中々言い出せないかな^^;



大阪行きの新幹線で私も崎陽軒さんのチャーハン弁当を頂きました
ちょっと嬉しいです

No title

おはようございます。
私にもそのような経験をする日がいつか来るのだなと、あらためて思いました。

みふねさんの色あせたカウンターに時の流れを感じます。
明治屋さんの湯豆腐はおでん用の大きな鍋から取り出してお汁に浸されるのですね。お汁はポン酢系の味ですか、それとも煮物みたいな味ですか?

No title

やはり生前に死後のことを決めておくのは大切なことですね。
お疲れ様でした。

大阪の立ち飲みは関東のそれと、どこか違いますか?

No title

むぎちゃんさま。
載せられる画像が容量の都合で少ないなか、炒飯弁当のっけて良かった~(笑)。

そう、実際は言いにくいですよね。
20年後だろうけど、とか、私もその頃今のような元気とは限らないので、とかの、前置きして話しましょうかねぇ。

No title

浜雪さま。
そうなんですよね~。これだけは避けられない。

そうなんです。大きなお風呂から、お皿に。鍋のお湯入れて、ポン酢かな、醤油かな、を入れて。ゆずをその場で切って。
関西の湯豆腐には必ずとろろ昆布が入っていて、これがいい味出すんです。

No title

mojitoさま。
ここだけしかまだ語れませんが、お昼のためかみなさん滞在時間が短い。昔の大衆食堂のようにつまみが作り置きしている。
そんな感じでしょうか。
他の地域の立ち飲みも探ってみます!

No title

お疲れ様でした。ほっとするようでもあり、寂しくもありってところですね。ゆったり流れる酒場の時間に癒やされてきてくださいまし。

No title

やまぴょんさま。
30年以上離れて暮らしていましたから、同居の方ほどの寂しさはないんですけどね。
はい、癒されたいんですが、昨日早速失態を犯してしまいました(≧∇≦)

No title

特に一軒目の雰囲気が良いですね。
良い供養になりましたね~

No title

おはようございます。
粟地ダムの桜はきれいでした。多くの人が花見をしていました。同じ小豆島でも内海の街はほとんどしりませんので、仕事の合間、安田の街を歩いています。名前も顔も知らない人ばかりなので、観光客のように歩き回っています・・・

No title

小太郎さま。
たぶん自分も小太郎さんも、十年前なら入らなかったかもしれません。今朝も今から供養呑みです。

No title

こんにちわん♪
お疲れ様でしたm(_ _)m
私も母の遺骨も叔母の遺骨も自宅にあった時は、
話し掛けたり、勝手な神頼みなようなことをしたり、
一緒の空間に居られる生活を楽しんで居たのですが、
やはりいつまでもそうはいかないものですからね。
これで一区切りつきましたでしょうか?
後はゆっくりと供養呑みをして差し上げて下さいませ

No title

testpilotさま。
初めて島に海水浴に行ったのは小学校の低学年。
コマメジマいうけど、大きいやん、そんな感想を親につぶやきました。
今、それを実感します。
testpilotさんが旅人のように歩いているのを想像して、ニヤニヤしちゃいます。

No title

びびりさま。
やっぱり神頼みしましたか(笑)。
自分も母ちゃん頼むわーと言ってました。
こちら暑いです。
朝の11時でもう2軒目の自分は供養呑みのし過ぎでしょうか。

No title

私は40代半ば2年間神戸に居たので、大阪でよく呑んでました!この東京にはない雰囲気分かります・・・

No title

江見気分さんさま。
この違いはなんでしようね!
自分の思うには、客の雰囲気の違いではないか、と。
でも、大阪のほうが入りにくい雰囲気があっていいですね!

No title

おかあさんと沢山お話が出来てよかったじゃん
きっと喜んでるよ~
きざしが気になる・・・

No title

大阪でも良いお店知ってますね~!
2軒目のおでんが良いですね。

我家は義父が明日をも知れずな感じで入院しています。
昨日見舞いに行って来ましたが辛そうでした。
ハズレな病院に入ってしまったのでもう生きて家には帰れないだろうと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ