FC2ブログ

記事一覧

大阪でまたまた呑む その4(十三屋・きかわ・如月屋)

世間は今日から大型連休が始まりますか。2日と6日に有休をとれば10連休ですか。
うらやましいです。
さて、大阪から戻ってきました。
もうスマホでの投稿ではないので、画像を縮小してガンガン行きますよ。
で、実は「その1」から「その3」のうち、その2にかなり画像を増やしたのです。
良かったら見てやって下さい。
とはいえ、お休みになると一挙に閲覧数が減るんですけどね。構わないで上げ続けますよ。旅行前のもまだ残ってますからね。

で、これは4月26日の火曜の昼前後。十三呑みの続きです。
[イマナカ酒店]でいい思いをした自分が次に訪れますのはこちら。
路地に看板があるのが見えます。
イメージ 1
[十三屋]
イメージ 2
何ともいいたたずまいです。外に段ボールがあるのがいいたたずまいなのか、ですか?
だってそれだけ新鮮なしょくざいをしれてきたってことですよね。もちろん何日前からも段ボールがあるのか今日なのかは、旅人はわからないんですがね。
テーブル席もいくつかありますが、ピン呑みはやはりカウンターでしょう。
この時間であるのに、もう何人も呑みに来てましたよ。
イメージ 3
チューハイ
なんだか大阪でこればっかり飲んでいる気がします。あまり酩酊せずにはしごをするとなるとこれか。
レモンかライムかと聞かれてレモン。
つまみは
イメージ 4
えいひれ
あちちち、という感じで、そう手でいただいてます。
固いかなと思ったが、どうしてどうして、柔らかくおいしかった。
こちらはパウチッコのメニューはなく、壁に貼られた短冊や、小さなホワイトボードを見る。
ネタケースにはもう出来上がった小鉢もあればこれから、という食材もある。
イメージ 5
奥に座っていたご常連さんが帰られたので、撮ってみました。
イメージ 6
おや、貼り紙にうざくとある。
聞いてみましょう。「うざくありますか」「はい」
これは今日のような初夏にふさわしい一品。
イメージ 7
うざく
海のものと山のものとの「であいのもの」。うなぎ高騰で見かけなくなったんだよね。
こうなると、もうチューハイといってられない。
お、酒燗器があるので、お酒は日本盛ね。たぶん上撰か。
イメージ 8

イメージ 9
日本盛 上撰 普通酒 (兵庫)
日本盛は自分が小さいころオヤジが晩酌で呑んでいた酒だから、供養呑みには相応しい。
イメージ 10
いや、なんで裏に注目したのかというと、これ144mlの瓶なんだ。
メーカーのこの瓶って正1合だと思っていたが、そうでないものもあったんだ。
この辺でこちらは上がります。
チューハイレモン 300円
日本盛上撰 250円
エイヒレ 350円
うざく 350円
1250円
ごちそうさまでした

実は、割りと綺麗な店だな、と思うものの、何の気なしに訪れ、去ったのですが、2014年3月というからもう2年前になるのか、この[十三屋]は駅の西口にあったが、その横丁が火事で焼失したのだと今回の記事を書くにあたっていろいろ調べてわかった。先だってのゴールデン街の火事のようなものだ。関東では報道されなかったのか、自分が気が付かなかっただけなのか。
この方のブログで火災当日翌日の生々しい写真を拝見した。
そういうのを経て東口に移転したわけだったのだ。
ということを付け加えておく。

トイレに行きたくなって神社の方に伺うと、裏にある、と。ありがたい。
イメージ 11
さて商店街の方に戻ってきてこちら。
[きかわ]
イメージ 12

イメージ 13
ガラガラと開けると、短いカウンターが右手に。左はテーブル席か。お二人いらしたのでじろじろ見ず。
「チューハイ」というと「ない」。
水割りならあるというのでそれを。
イメージ 14
焼酎水割り
ここも、その都度払いかと思って、念のためにお札を置いてますね。
そしてねえ、もしかしたらここに置いてきちゃった気がするんですよね。
まあ、錯覚ならいいんですが。
イメージ 15
料理のメニューはいくつも書いてあるんですが。
ちょっと大きくしてみましょうか。
イメージ 25
赤や緑の磁石を置いたのがあるのかないのか、囲んであるのがあるのかなど、さっきの「ない」でくじけた自分は注文できないでいます。
まあ、さっきの二軒でそこそこおなかが満たされたこともあるのよね。
イメージ 16
なるほど。店主が木皮さん(珍しい)だから[きかわ]なのか。
そうそう、この画像の左。傘のあるあたりに確か犬がいた。
イメージ 17
外は明るい。
焼酎水割り 200円
ごちそうさまでした

先の店が古くからのお店だとすると、こちらはかなり新しい。
その分、まだ常連が付いていないのか、この時間に呑む人たちは古い店しか行かないのか。
[如月屋]
イメージ 18
上の980円ってなんだ(笑)。
イメージ 19
清潔な店内。
イメージ 20
チューハイ
いや、念のために繰り返しておきますが、自分の好きなのは日本酒ですよ。
行く店行く店でチューハイ頼んでますが、前にも言ったように、こちらの酒事情としては
ホッピーない、緑茶割りない、ビール危ない、日本酒違う意味で危ない
とヒップホップのように韻を踏んでおきますからね。
イメージ 21
おっと、今見ると、自家製焼餃子に麻婆豆腐、目玉焼きそばにチャーハンなど、いいものがいっぱいあったじゃないですか。どうしてあれもこれもと頼まなかったのか。
いや、そんな胃袋でもないんですがね。
イメージ 22
おっと!ウーロン割りもあったじゃないですか。初めて見た。
という段階で、この男、明け方からの起きっぱなしで、思考がマヒしていたのでしょうね。
イメージ 24
とん平焼き
これも美味しかったから、この店ランチタイムや夜はリーマンで賑わっているのかもしれない。
イメージ 23
取っておきながらメニューをちゃんと見たのが戻ってからなので、次回突撃だな。
チューハイ 290円
とん平焼き 290円
計 580円
ごちそうさまでした


さてこのあと、いったんホテルで仮眠を取って…と電車を乗り継いで戻ったのですが、爆睡して目が覚めたのは…続きは次回。

[十三屋]
大阪市淀川区十三東2-11-14
10:00~22:00
無休

[きかわ]
大阪市淀川区十三東2-7-19
10:00~22:00
日曜休

[如月屋]
大阪市淀川区十三東2-6
月~土曜10:00~23:00
日曜 9:00~23:00
水曜休
スポンサーサイト



コメント

No title

いいなぁー
十三にはこんな店たちがいっぱいなんだぁ
以前出張で梅田に泊まったけど、その際足を延ばせば良かったなぁー

No title

ぽちぽちさま。
今回は伺えませんでしたが、梅田にも新梅田食道街という、古い店の集まるエリアがありますよ。
次回の出張の際はぜひ十三とともに!

No title

5:23のナイショさま。
はい、うなぎの酢の物ですが、巻物でウナキュウがありますように、ベストパートナー賞ですね。
関西の方が酢の物やポン酢の頻度は高いように思います。

No title

酢の物、ポン酢大好きなのですが、相方が酸味の閾値が狭いのでなかなか頼めず ピンだとガンガン頼めるなあ…ニヤリ(  ̄▽ ̄) 供養呑みの酒は、親父が大好きだったキリンラガーだな(笑)のぶ

No title

ガンガンと呑っていますね。
自分だったら道半ばでひっくり返ってしまいそうです。
この数日 鰻ネタに出っ喰わすことが多いので、食べたくなりました。

No title

こちらから大阪に向かう前に「あそこにしよう」「こちらにしよう」って幾つも作戦立ててよ大阪入りですか?尋ねる店が渋くて渋くてたまりません。

No title

こりゃ何軒いかれるのか非常に興味がありま~す(^^ゞ
そうそう、ソース焼きそばと目玉焼きそばが同じ値段…チトこれまた興味が…(笑)

No title

さすが立ち飲み文化の根づいた街ですね。どこも味があって良しですね。
さて寝過ごしてどこまで行ったのやら。

No title

こんにちわん♪
きかわさんの暖簾や招き猫、ピーナツの入れもの、
私の凄く好きな感じです٩(๑>∀<๑)و♡
招き猫ちゃん相手に飲みたいわ♪
お札、置いて来ちゃったのかしら?(*´・д・)?

No title

のぶさま。
うちは、酢を使った料理を食べた経験がないとかで、全くですよ。
おかんが細~ォに切ったキュウリもみ。酢とワカメ、固いチリメンジャコを少し。タコがなくても立派なつまみでした。

No title

ぶらくり佐藤さま。
大阪は行動範囲が広いのですが、仙台ぐらいだと、時どきトイレ休憩、一旦横になろうとホテルに戻ったりします。
この日は十三4軒で倒れず上がれました。

No title

やまぴょんさま。
ほとんどは出たとこ勝負ですね。
この日も、一軒目の角打ち(前回の記事)は知っていたので、他にあるかなと「十三 立ち飲み」で検索して見ましたが、実際は歩いてぶつかるしかなかったですね。
むろん、逡巡してパスも、たまにはあります。

No title

ノブさま。
さすがです。そこですよね。
あー、店でちゃんと見ておけば、どないちゃうのんと聞けたのですが。

この段階で大阪入りして8軒ですか。やっぱり、老化現象ですかねぇ。ま、明け方の肉まん餃子が響いていたか(≧∇≦)。

No title

mojitoさま。
電車の寝過ごしはほとんどなく、あってもひと駅ぐらいですかね。
やっぱり、ひとり旅だと誰も助けてくれないので、気が張っているんですよ。一歩前で打ち止めにしますから。

No title

びびりさま。
自分、犬の種類はわからないのですが、犬好きのびびりさんなら喜ばれますよ。招き犬(笑)。

はい、おこずかい帳(記事のため)の結果、そんな気がします。落としたのかもしれない。無意識でもう一軒なら、ちと怖い。

No title

こんにちは。

謎の千円札は回り回って、いつかきっと王子の狐さんのところに帰ってくると思います。いつかは不明ですが(笑)
「うざく」は聞いた事はありますが実物を目にしたのは初めてです。鰻の酢の物なのですね。鰻好きとしては一度いただいてみたいです(^o^)

No title

浜雪さま。
そう願いたいですね(笑)。可及的速やかに

おや、こちらもうざく初めてですか。
きっと鰻専門店にもあるかな。お兄さんにお願いしちゃいましょう。う巻きも。

No title

うざくって、初めて見たよっ
美味しそ~そんな料理あるんだぁ
鰻とキュウリと何?

No title

ゆきみさま。
確か鰻と胡瓜だけですね。
ぜひ探してみてください。
わかめが加わってもいいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ