FC2ブログ

記事一覧

王子 旧古河庭園のあとは山田屋に

これは昨日アップの旧古河庭園でバラを見た帰りです。
今日は「横浜で飲みませんか」とあるブロ友さんからお誘いを受けていたが、ごめんダメになったよ、と連絡いただきましたので、では王子で呑むかな、と。
開店時間を少し過ぎたが
[山田屋]
イメージ 1
いわずと知れた王子の名大衆酒場。
おそらく数えていないが、この店が当ブログで一番多く登場しているはず。
オオバコなのにくつろぐ。
イメージ 2
入る。なかなかお客さんがいる。
でもこの常連席にはまだおひとりしかいない。
イメージ 3
ここから緑茶の缶を持ってきます。
すると大将がアイスボックスといいちこの瓶を持って現れます。
イメージ 4
「お体どう? 前しんどそうだったから」
「誰? おれ?」
「ほら、あそこに手をついて疲れた~、っておっしゃってたから」
そんなことあったっけ、という感じで去っていく。
良かった。
ところで、こちらの焼酎割は濃いです。お茶の味よりもいいちこの味のほうが勝りますから。
イメージ 7
今はあちらの黒板に、数量限定の「日替わり」的なメニューがある。
おや、一つのテーブルがP箱で囲われている。
使用禁止だな。
後で来た常連さんにともちゃんがいうには「お休み中」。
足を床にボルトで止めてあるのが緩んだか。
目が悪いので、黒板まで見に行きましょう。
イメージ 5
初夏だな。
イメージ 6
かつおの刺身
この黒板の画像と、メモがなければマグロの刺身と思いますよね。
これカツオなんです。
初カツオ。
もうひとつ初夏行きましょうか。
イメージ 8
そら豆
おや、塩が、食卓塩ではないのがいいね。
自分はこの皮ごといただくタイプ。
これは量もあり、いいつまみだ。
イメージ 9
定番も行きましょう。
だいたいいただくものは決まっているのですが。
イメージ 10
煮こごり
大人のコーヒーゼリーです。って、コーヒーゼリーも大人のお菓子か。
イメージ 11
鶏の唐揚げ
鮪の竜田揚げはよくいただくが、鶏唐は初めてかもしれない。

こんなところで満足です。
では移動しましょう。
いいちこ 240円×3
緑茶缶 160円
かつおの刺身 420円
そら豆 420円
煮こごり 250円
鶏の唐揚げ 250円
計 2220円
ごちそうさまでした

次の店に行く前に、当ブログ発祥の地、装束神社にお参り。
イメージ 12
この神社の向かいに、[ヤマワ]という瀬戸物屋?があって、狐のお面などはここで売っている。
イメージ 13
モヤさまやじゅん散歩などの張り紙。
イメージ 14
あ、小さいキツネが前にもあったか?これほしいなあ。
店内探すがない。
あの小さいのありませんか、というとそこにある(よく探せよ、という感じ)と。
おや? 前から愛想のいいほうではないが、こんな感じだったか?
マスコミに取り上げられて、いやんなちゃったか。
財布に、満点になったパルカード(この近辺の商店街のポイントカード。満点で500円分)を出すと、「おや、地元民だったのか」という感じで対応が少し変わった。
いや、テレビ見てきた人のほうが大切じゃないかなとも思うが、なにか嫌な思いでもしたのか。買わずに見に来る人が多かったのか。そんな気もする。
イメージ 15
狐のお面 918円
もちろん、子供でもかぶれない大きさだ。
イメージ 16
家の狐のお面コーナーに飾ろう。
やっこ凧は王子稲荷神社の凧市でいただいた火防の凧。
さて、店を出て。
イメージ 17
狐の行列は大みそか0時に出発。
ぜひ一度ご覧になっていただきたい。

そこから、線路を挟んだ駅の反対側に行き。
イメージ 18
ここも好きなお店でボトルも入れていたな。
今日は入らないんですが、水曜日はつまみなどすべて半額になって、よく利用した。
そしてこちらに。
[串の介]の社長がいたので、手を振って後で行くからね、と。
[酒遊館 藤や]
イメージ 19
近くの酒屋の角打ちが独立したお店。
イメージ 20
花垣 純米無濾過生原酒 (福井)
イメージ 21
うすにごりの甘さ酸っぱさを持つ、やや硬い口当たり。
これを青豆でいただく。
花垣 420円
グリーン豆 100円
計 520円
ごちそうさまでした

そして〆はこちら。
[串の介]
イメージ 22
カウンターに行くが、いつも握手を求めてくるお兄さんがいない。
社長に聞いても「強制送還だ」としか言わない(この社長はいつも客席で酔っているからね・笑)。
ちょっと寂しくなったな。
イメージ 23
ぶれずに
イメージ 24
緑茶ハイ
そういえば、今日は[山田屋]で白鷹を呑まなかったな。
イメージ 25
こちらはお通しのないありがたいお店なので、焼き鳥にするか。
イメージ 26
ぼんじり・つくね・手羽先
これをいただいていると、そろそろオネムの時間。
緑茶ハイ 350円
ぼんじり 180円
つくね 150円
手羽先 130円
計 810円
ごちそうさまでした

青い寝台車でずっと帰ってもいいし、上野あたりで東海道に乗り換えてもいい。
早いスタートなので疲れた。帰りましょう。
しかし緑茶ハイがほとんどだから酔ってないのはありがたい。

[山田屋]
東京都北区王子1-19-6
7:30~13:00
16:00~21:00
日祝休

[ヤマワ]
東京都北区王子2-32-2
03-3911-2539
10:00~20:00
日曜休

[酒遊館 藤や]
東京都北区岸町1-2-10
03-3908-6077
17:30~21:00
土日祝休

[串の介]
東京都北区岸町1-3-2
03-3907-2626
11:00~24:00?
無休

スポンサーサイト



コメント

No title

王子って全く縁がなくて、降りたことがないんです。
面白そうな町なんですね。
興味あるなぁ。

No title

ノブさま。
花や祭りで季節を感じますが、呑み屋のつまみでも感じますね。
そら豆はあの、さやごと焼いたのも野趣あふれて好きです。
また今度王子呑みを致しませう。

あ、昨日はまことにありがとうございました。

No title

ぶらくり佐藤さま。
王子・赤羽・十条のトライアングルははまると抜け出せない、バミューダ―級の大衆酒場ですよ。朝から呑めて夕方にはべろべろで帰宅。そんな街へぜひ(笑)。

No title

おはよー
ブログタイトルの原点はここにあったんですね
山田屋って看板も良いじゃないですか
煮凝り、カツオと美味しそうだなぁー
あ、またまた梯子してるぅー

No title

ぽちぽちさま。
なかなかの往復交通費ですから、行った限りはもとを取らないと、のはしごですわ(笑)。
煮凝りは冬にしか出さない店もあるんですが、ここは常備あって、これぞ大衆酒場のつまみって感じがします。

No title

狐さん発祥の地での呑み。遠いと思うけどそこはお気持ちが違うのでしょう。ご自宅の狐のお面コーナーはまだまだ拡張できる余地が有りますね。また教えたってください。

No title

やまぴょんさま。
もっぱら、鎌倉・野毛・東神奈川のトライアングルにいますと、時々無性に恋しくなるのがこの、王子の町ってものでして。
思い出の上書き更新という感じでしょうか。
当方のウエストは拡張したくないんですが…。

No title

山田屋で緑茶ハイは似合わないですねえ。
やっぱり、生小からの黒松でしょう♪
自分は緑茶ハイですけど(笑)

No title

ypさま。
ですよね。
前に緑茶缶をチェイサーにして日本酒飲んでる先輩がいて、そんな感じで取りだしたんですが、今日は危険を察知したのか、こうなっちゃいました。
ここの黒ビールの小瓶も好きです。

No title

おはようございます。
「小さい狐」さんと書かれていたので、ウィンドウ中央にある小さな置物を購入されたのかなと思ったのですが、お面の方でしたか~(^^)
季節を感じるおつまみって良いですね!

No title

山田屋さんの黒板の稚鮎が気になりました!
初夏ですねぇ・・・
鮎は成魚より稚鮎の素揚げが好きなんですよ!

No title

浜雪さま。
それ、欲しいんですけど、確かディスプレイだけで売り物じゃないはずなんですね。
でも、また調べてみます。
季節を感じるブログを目指してます(笑)。

No title

9:07のナイショさま。
いえいえ、またの楽しみにしております。
平澤かまぼこのかまぼこ美味しいですよ。

No title

江見気分さま。
そうですね。初夏づくしで稚鮎も行けば良かったですね。
やはり、ブログ記事を考えながら発注しないとダメですね(笑)。

No title

四軒とは恐れ入りました。
山田屋は登録済みですが未訪・・・行ってみたい。

No title

えいちゃんさま。
ぜひお越しください。
たぶん、はしごしたくなる気持ち、お分かりいただけるのではないか、と。
もちろん、一軒だけで帰るのもありですが(笑)。

No title

こんにちわん♪
山田屋さんの大将、お元気で良かったですね
こちらの狐さん、味のあるいいお顔されてますが
夜中に寝ぼけてみたら、悲鳴をあげてしまいそうです!

No title

びびりさま。
幸いなことにお面があるのは仏間なので、その心配はありませんが、窓からお面が覗いていたら、さすがに失神するでしょうね(笑)。

No title

王子の狐さま お優しいですね。
山田屋さんの大将さんの具合の悪そうだったこと、ちゃんと覚えていて・・・。
いつもこっそり読まさせていただいていましたが、なんだか嬉しかったのでコメントさせていただきました。
狐のお参り、毎年混んでて大変ですよね。お面屋さんがあるんですね。 あの日しか買えないんだと思ってました(^^;)

No title

Daisuki♪さま。
ご覧いただいてましたか。それはありがたいことです。
山田屋の大将の母も叔母も、いきなり亡くなりましたので、家系では、と心配しておりましたので。

はい、さすがメイクはあの日だけですが、この瀬戸物屋だといつでも買えるんで、ちょいと寄ってみました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ