FC2ブログ

記事一覧

八丁畷 念願の近次で美鍋と美味と美酒と美女と…

さて、[元祖]でちょい呑みをした自分たち。
夏の夕方なら歩いてもいいのですが、暗い冬なので、京急に乗って八丁畷に。
ちょうど路地に入った時、浜雪さんも現れ、同じ電車だったのかな。
[おだい処 近次]
イメージ 1
ここは昔からノブさんの記事で憧れていた名店。
いざ突入です。
イメージ 2
「小料理」とか「割烹」とかでなく「おだい処」というのがいいですね。
おばんざいな感じがします。
ガラリと開けると左側にカウンター。奥にひとつだけの小上り。
今日は幹事のびびりさんの予約ですから、小上りです。
イメージ 3
だいたい、みなさんの記事はご常連ですから、日替わりのメニューをよく拝見するのですが、初訪の当方としては、ドリンクメニューなども気になっていました。
イメージ 4
ふむふむ。緑茶ハイがある。
イメージ 5
ボトルね。
イメージ 6

イメージ 7
日本酒4合瓶があるのもいい。
イメージ 8
これだ~。
いつも見ている達筆な女将の日替わりメニュー。
右端の牡蠣グラタンに惹かれましたよ。
女子二人は「あん肝気になる~」と。
イメージ 32
その裏面は定番かな。
ふじひろ焼きはない日もあるとのことで、あってよかった!
イメージ 9
お通し
この里芋がねっとりと口腔にまとわりつくようで、上庄のかと思うと千葉産ですと。
いい感じのスタートでした。
「この男はね、呑んでてもしゃべらないでパチパチ撮っているだけだから気楽でいいのよ」と有難いお言葉をいただきました。はいそうなんです。
イメージ 10
刺し盛り
メバチマグロ、マグロ、赤イカ、ヒラメ、ワラサ、タコ、海老。
「お連れさんが来てから出します?」と言われ、いいんじゃない、と。
すると優しいマスター、撮影終了後、一人分を取り分けてくださいました。
このほかにもいろいろな気配り心配りをいただき、この優しさと美味が合わさってこの店の魅力を形成してるんだな~と敬服した。
で、乾杯を。
イメージ 11
緑茶ハイふたつと、トマトハイ
ゴーストップゴー。
刺身をいただいている頃ypさん登場。
まずビールを呑ませてくれ、と。
イメージ 12
ふじひろ焼き
トロットロの角煮。
ypさんと半分ずつですが、う~ん、ひとりで一皿と白飯が欲しい逸品でした。
イメージ 13
かきクリームチーズグラタン
これはマスターのプランで入っていて、我々の希望と合致。
イメージ 14
大粒の牡蠣は宮城産。
イメージ 15
もう一度のリフト。
こんな大粒のがごろっごろ入っています。
イメージ 16
あん肝みそ
これはたまらないですよ。
アル中になるのが先か痛風になるのが先か、呑兵衛垂涎のもの。
となると、緑茶ハイなど失礼な話。
確か天狗舞は切れていたのかな…切れているのはお前の記憶で。
イメージ 17
八海山・越後で候青ラベル しぼりたて生原酒 (新潟)
イメージ 18
うん、新潟酒は原酒ぐらいがちょうどいい。
イメージ 19
お店はこんな感じでした。
イメージ 20
ぶどう鴨ロース焼き
こんなボリュームですか。
これひとり呑みだと大変なことになりますね。
イメージ 21
ぶれているのはカメラの手か箸の手か?
「おだい処」の名にふさわしく、これも白飯が欲しくなる。
だから白飯ワイン(笑)にぴったりだ。
イメージ 22
鍋降臨。
イメージ 23
色とりどりの寄せ鍋
イメージ 24
浜雪さんが取り分けてくださいました。感謝。
イメージ 25
これはなめたかれいか。
ちなみにそれは関東などの地方名で、ババカレイ、ナメダカレイが割と正式な名。
舐めたくなるほど旨いから、でなないらしい(仮)。
と思ったらマスターが「それで終わらないぞ」と。
イメージ 26
大量のえのき。
イメージ 27
鶏肉投入。
イメージ 34
こんな感じでした。
本当はお目めを見せれば酔っていない人と酔っている人との違いが判って学問的に面白いのですが(笑)。
このあたりで浜雪さんはお帰りです。
かなり早めのシンデレラですから~。
イメージ 28
〆の雑炊
初島の干し海苔。
これをきっちりいただいて、あれこれ話で盛り上がり、10時前宴は終了したのでした。
イメージ 33
22550円
ごちそうさまでした

イメージ 29
「おお、これ」と思わずつぶやいてしまいました。
女将の深々としたご挨拶。
いつもノブさんの記事で拝見しておりました。 
イメージ 30
なんであんたまで?
イメージ 35
なんであんたたちまで?

駅に行き、こんなのを見ました。
イメージ 31
この稲荷めぐりは当ブログとしては、いつかしなくはいけませんね。
さあ、今朝はほとんど寝ないで参加しましたからもう帰ろう思ったら「なんでそっちに乗るのか」と拉致されてしまいました。
さっきは「ハシゴしそうになったら浜雪さん止めてね」と言っていた人なのに…。
このため、そののちどんな残酷な結末を迎えるとは、この時は神ならぬ身の知るよしもなかったのです。
はしご酒 振り切る勇気 冬の月

[近次]
川崎市川崎区池田1-14-7
044-223-8664
17:00~23:00
水曜休
スポンサーサイト



コメント

No title

ぽちぽちさま。
はい、ナメタカレイならぬ、舐めたヤツラです(笑)。

No title

呑むと何故か次のお店に行きたくなるのはア◯中ですよね(笑)
近次さんは定期的に通いたいお店です。

No title

おん蔵さま。
○の中に「ホ」の字を入れたくなりました(笑)。
近次のカウンターで一人呑むのもよさそうですね。

No title

皆さんが楽しんだ数日後、ピンでお邪魔しておりました(笑)
近次さんを十分楽しまれたようでなによりでございました。
スリーショット、ご機嫌さがバッチリでいいっすねぇ〜〜(^^ゞ

No title

ノブさま。
おお、代わりにお詫び呑みをしてくださいましたか(笑)f^_^;
どの料理も素晴らしいレベルで感激いたしました。そして、値段もリーズナブル。
また行きたくなりました。
新年かな。

No title

いいなぁ。この企画。(笑)
どこに連れて行かれちゃったのかは知るよしもございませんが、ypさんさんとは仲良し過ぎるから仕方がありませんね。

No title

あははは、これは面白過ぎです。
ふじひろ丼、いただいてみたいです。

No title

こちら一度行ってみたいですが敷居が高そうで?( ゚д゚)

No title

美男が抜けてませんか?(笑)
久々の近次、堪能させていただきました♪
やっぱりここは酔い店、帰路途中にあったら毎週通っていたことでしょう。
ありゃ、残酷な結末があったとは、これ如何に?

No title

6:39のナイショさま。
いえいえ、酒量が違いますから、問題なしです。

No title

やまぴょんさま。
ご参加なさいますか?^o^
次からは、このあとは大船で飲もう!と提案してみます(笑)。
大丈夫、店はたんとある。

No title

ぶらくり佐藤さま。
相も変らぬ珍道中、ただの酔っ払いですf^_^;
ピンなら〆にふじひろ丼、いいですよね。

No title

小太郎さま。
一見そうですよね。
でも、とってもハートフルで、それにブロガー思いのお店ですよ。

No title

ypさま。
そう、それを並べようとしましたが、自粛しました(なぜだ?笑)。
確かに、沿線にあると、入り浸るでしょうね。
あ、線路は続くよ、どこまでも♪ってやつですf^_^;

No title

こんにちは。
この日はありがとうございました。
記事を拝見すると楽しかった思い出がよみがえります♪

〆の雑炊をいただかずに帰ったのが心残りでなりません。マスターのお料理はどれも素晴らしく美味しかったですね!
来年は主人を連れて行ってあげたいです。

No title

こんにちわん♪
この日は本当にありがとうございました
掘りごたつの下に湯たんぽが仕込まれてたり、
撮影が終わってから、お刺身を取り分けて下さったり、
細かなご配慮とブロガーの気持ちを心得て下さっているのが
素晴らしいですよね
最後のお辞儀、お二人のを拝見して
まだまだ私は甘いな~と思いました

No title

どれも美味しそうですね。
特に〆の雑炊の海苔が素晴らしい!

No title

浜雪さま。
うふふ、短いコメに夫婦愛が出てますね。
そう、夫さんと行かれる時はぜひボトル入れちゃってください。
その時はまた違ったメニューなんでしょうね。

No title

びびりさま。
きっと女将さんが店に戻ると
「おい、遅かったな」
「あの連中の撮影が長くって嫌んなっちゃう」
という会話が交わされたらしい(謝)。
この日は幹事ありがとうございます。おかげで楽しい飲み会となりました。

No title

mojitoさま。
雑炊の海苔にご注目とはさすがmojitoさんですね。
きっとマスターが分かってくれたか!と喜ぶのではないかと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ