FC2ブログ

記事一覧

辻堂 地酒barなぶらに年末の挨拶呑み

大阪から帰ってきました。
帰ってくるに当たって、いろいろ大変なことがあったりもしたのですが、それはまた大阪遠征の記事に、ということで、これはその前の金曜日。つまり12月16日のこと。
翌日ももちろん仕事だが、ちょいと工夫して早帰りをして、向かうのはこちら。
早退しても[壱々六]の閉店時間には間に合いませんので、終了が遅いこちらに。
[地酒barなぶら]
イメージ 1
金曜に伺ったことがないせいか、たまたまだったのか、カウンターが混んでいて、ソファに座っているお客さんも。
カウンターのグループさんにソファに移ってもらうので、少し待ちます。
イメージ 2
待っている間に冷蔵庫をパチリ。
「ずいぶんご無沙汰だったんじゃないの」
はいすいません。また持ってきたものがあるのでお許しください。
イメージ 3

イメージ 4
さあこの中から。
イメージ 5
え?もう60mlしか残ってないの?やっぱり人気あるんだなあ。
イメージ 6
満寿泉・リミテッドエディション雄町 純米吟醸 (富山)
穏やかな香りだ。
イメージ 7
あ、穴子の酢のものが売り切れだ。
イメージ 26

イメージ 8
お通し 
サーモンのマリネのような感じか。マヨがあるのでムニエルのようでもある。
さっきのメニューから刺身の盛り合わせを頼んでみた。
4種のうちからサーモン以外を。
イメージ 9
刺身盛り合わせ
下の店に電話されるが「おひとりなんで」という心配り。
イメージ 10
ぶり
イメージ 11
マグロ
イメージ 12
太刀魚炙り
この日は下の店のメニューがなぜかあって、下には入ったことがなかったので興味深く見ていたら…
イメージ 13
店名のいわれが載っていた。この場合のイワシとは小さなお店だけど、という意味なのか、イワシはお客で店が沸き立つようににぎわっているという意味なのか。
イメージ 14
これも60mlしか残っていなかった。
3年熟成させたもの。
イメージ 24
旭若松 純米 (徳島)
徳島のお酒ってあんまり縁がないのよね。
熟成香あり。
「好きなお酒には思いのこもったコメント書くので早くなくなっちゃうんじゃないの?」
「これも好きよ」
イメージ 15
やっと120ml残っているのがあった。
イメージ 16
花巴 山廃純米無濾過生原酒 (奈良)
いい山吹色をしていて、味は甘口。
イメージ 17
黒作り
富山や石川の名産。イカの塩辛にイカスミを和えたもの。これは石川かな。
イメージ 18
黒作りリフト。
こういう珍味は別の黒板に書いてある。
これはさっき頼もうとしたら刺身には合わない甘口だよと言われて。
イメージ 19
古代米で醸した赤いお酒。
イメージ 25
伊根満開・赤米酒 純米 (京都)
1970年に新潟で開発された赤いお酒は紅麹を使用したものだが、これは米が赤いのか。かなり酸が高く甘くて飲みやすい。
あの新潟の金升酒造が作っていた赤い酒はもう生産していないようだ。
イメージ 20
持ってきたもののおすそ分けを。
これを綺麗な日本語では「お持たせですが」と言う。
さて、最後に燗酒を一緒に飲みましょうか。
燗酒となるとこれかな。
イメージ 21
瓶を撮り忘れたので…
イメージ 22
この感じで。
イメージ 23
麻奈美さん、ありがとうございます。
いや~こうやって温めて呑むのもあれが、さっきの酸の高い赤い酒もあれば、熟成させていい味の出したものもある。日本酒って幅が広いな。
満寿泉60 340円
旭若松60 320円
花巴120 640円
伊根満開60 380円
秀峰120 540円 
お通し 360円
刺身盛り合わせ 720円
黒作り 350円
外税 290円
計 3940円
ごちそうさまでした
「お店いつまで?」と聞くと
年末は31日まで、新年は4日から
「今年はもう来ないかな」と言われて、多分もう一回と言ったが、行けるかな~。
このあと、電車が来るので店から改札まで全速力で走ったのですが、短い車両でホームの途中までしかなく断念。
このせいで翌朝足がつって激痛で起きたのですが、まあ階段で転ばなかっただけ良しとしますか。

[地酒BARなぶら]
藤沢市辻堂2-2-29 2F
0466-34-7917
19:00~0:00
日曜・水曜休
スポンサーサイト



コメント

No title

けっこうやっちゃったんだ~‼
良い感じに酔っちゃいましたね❗
飲んだら走っちゃダメですよ~‼

No title

おはようさぎ
お刺身を少しずつ盛って下さる対応が
ピン呑みの多い私には嬉しいです
黒作り、これもまたいいアテになりそうで
しっとりと呑む、そんなお店なのでしょうか?
最後は猛烈ダッシュだったようですが

No title

年末のご挨拶飲み。
偉いわ~。
何処が最後になるかタイミングか読めないので、本当に最後の方にならないとこういう挨拶が難しいです。ても、そろそろいいかな。また来たらごめんね。と付け加えれば良いんだものね。

No title

そうそう、年末のご挨拶飲み…当方も一軒はご挨拶をいたしましたぁ~
もう新しい年がすぐそこで待機してますね(^^ゞ

No title

黒作りはいただいてみたことがありません。
北陸のものなのですね。
銀座辺りのアンテナショップにあるかなぁ。

No title

結構飲みましたね~。
年末のご挨拶飲み、粋ですね。

No title

ぽちぽちさま。
飲んだら走ってはいけないという冷静な判断をなくすのも飲んだ証拠ですね(笑)。
上りは最終が早いですからね。
もう一本残ったのが終電でした。

No title

びびりさま。
呑兵衛は少量多品種がいいですからね、二切れずつと言うのがありがたいですね。
黒作り、酒が進みますよ。危ない危ない。

No title

やまぴょんさま。
そうそう、今年はこれまで、と言っておいてもう一回行く方が、お店としてはうれしいと思いますよ。
うちのお店が好きなんだなこの人は~と喜んでくれるのかと。

No title

ノブさま。
かなり早めからしておかないと、[あけおめ呑み」になっちゃいますからね。
ま、それはそれでいいんですが。

No title

ぶらくり佐藤さま。
あるのではないかと思います。
アンテナショップに行くと欲しいのがいろいろありますよね。

No title

mojitoさま。
まあほとんどは60mlなので3杯飲んで1合ですから少ないものですよ。
2合ぐらいなので、これが明日に響かないいい量ですね。

No title

こんばんは。
年末のご挨拶飲みの時期なのですね。
私も1軒だけご挨拶に伺いたいのですが、仕事でバタバタして行けない予感が(^^;)
自分はまだ年末モードに入る様子が全くありません(笑)

赤い日本酒 伊根満開が気になりました。いただいてみたいです(^^)

No title

浜雪さま。
浜雪さんの挨拶呑みはきしやと東天閣かな。
でもお仕事お忙しくて、そのあと帰省されるならちょっと無理かもですね。年始呑みかな。
ご無理なさらないでお過ごしください。

No title

なるほど
挨拶飲みとは折り目正しい呑兵衛ですね。
見習わなきゃ!

No title

呑み酒士さま。
まあ、口実なんですがね。
飲兵衛たるもの、あの「1月は正月で酒が飲めるぞ~」の日本全国酒飲み音頭のように、なんでも口実つけて飲みますから(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ