FC2ブログ

記事一覧

山田姉妹デビュー・コンサートin平塚、そしてせんべろB級酒場波平へ

やっと大阪呑みの連載が終わったので、また日常呑みの記事が再開するのですが、ここはちょっと横入りして28日の日曜のイベント記事を。
なんだ、呑み記事じゃないのか、と早とちりしたあなた。ご安心ください(笑)。呑みますから。

以前紹介した山田姉妹。
テレビで見た美貌と美声に魅せられ、そのコンサートが平塚であるというので行ってきた。
イメージ 1
このチケットを買いに平塚を散歩した記事は今度の日曜にアップの予定。
平塚駅から15分は最低でも歩くかな、平塚市中央公民館大ホール。
昭和の名曲を歌ったCD発売記念だ。
「山田姉妹デビュー・コンサートin平塚」
イメージ 2
大ホールなのに超満員。
キャパは701人。
イメージ 3
おねえさんの華さんは東京藝大で優秀な生徒に送られる安宅賞を受賞。妹の麗さんは国立音大を首席卒業で武岡賞を受賞という、まさに名前通り華麗な経歴の持ち主。
途中の話で7分遅れで麗さんが生まれたので、妹。二卵性なのであまり似てないんですとも。また小学2年からふたりで歌手になろうと決めていた」とも。

この日のコンサートは2部に分かれていて、
【第1部】
デンツァ「フリクニ・フニクラ」
ヘンデル歌劇「リナルド」より「私を泣かせてください」
プッチーニ歌劇「ジャンニ・スキッス」より「私のお父さん」
べッリーニ歌劇「夢遊病の女」より「気もはればれと」
デラックア「ヴィラネル(牧歌)」
モーツァルト歌劇「魔笛」より「復讐の炎は地獄のようにわが心に燃え」
ロッシーニ「猫の二重唱」
【第2部】
「翼をください」(赤い鳥)
「結婚しようよ」(吉田拓郎)
「なごり雪」(イルカ)
「雨やどり」(さだまさし)
「木綿のハンカチーフ」(太田裕美)
「ひこうき雲」(荒井由実)
「切手のないおくりもの」(財津和夫)
「この広い野原いっぱい」(森山良子)
「あなた」(小坂明子)
アンコールで
「見上げてごらん夜の星を」
途中の曲で涙がぼうだと流れて止まらなかった。
イメージ 4
終わってすぐにCDを買った方にサイン会。長蛇の列。
イメージ 5
夢は口に出すとかなうと「2枚目のCD」「紅白出場」と二人。
「ずっと二人で歌うこと」「そのために健康でいること」とも。
こまどり姉妹のようにいつまでも息長く仲良く歌っていただきたい。

さてそのあとは余韻に浸るように、ひとり打ち上げ(笑)。
この辺に立ち呑みがあるらしいがつぶれたようでもあると。
行ってみると看板がでてていた。
イメージ 6
そうこの「立ち飲みきむら」と黄色い看板の店があったらしい。
[せんべろB級酒場 波平]
イメージ 7
階段を降りる。降りた時はドアが開いていた。
イメージ 8
もしこれなら入れなかったかも。
きっともとはスナックか。
カウンターがあり、皿に細長い部屋の奥にもカウンターだけがある。鏡があちこちにあったか。
お店はいかついマスターとにこやかな女性。
「ホッピー黒あります?」と聞くと
「ホッピーなら後ろの冷蔵庫から取って」
黒は右というのに左の方を開けたのは、あがっているのか、はたまたボケの初期段階か。
常連さんが右を開けてくださる。
「そこの栓抜きで開けて、王冠はそっちに」
了解です。
座っているおじさんのひとりが「座りたければ先着で椅子がある」と店の奥の方を指してくれるが、立ってのもう。
イメージ 9
ホッピー黒セット
初めは「そうだ外にハッピーアワーと書いてあったな」と思い、ところでホッピーはいくらなんだろうと前の貼り紙を探すがない。
あとで振り返ってポスターに書かれたのを見ると、セットで280円ナカだと100円。
280円!そりゃあ大船の[鞠屋]を超えるか?
まさに「せんべろ」と謳ったのも嘘じゃない。
ちなみに中の甲類は「一風」と言うものだったが、720mlの金宮ボトルが800円だから、ご常連の皆さんはボトルキープしている。

出し巻きを頼む。3玉で追加1たまずつ50円上がるのが面白い。
「何かトッピングする?」
イメージ 10
ん~「何もなしで」
待つ間に「あと冷奴」。
イメージ 11
冷奴
半丁サイズか。醤油をかけていただく。
ネギはカウンターに立ててあるのをそのまま切っていたな。
イメージ 12
ほら、この画像の左端にネギが見える。
たくさんの貼り紙。
イメージ 13
目の前はこんな感じ。
イメージ 14
だし巻玉子
かなりのボリューム。サイズを表すために灰皿をスケールとしておいたが、そもそも灰皿の大きさが伝わらないや(笑)。
一口食べて「んま~い」!
醤油を利かせ、かすかに甘い味付けでこれはトッピングいらないですよ。
既製品を切って出す店が多い中、これは素晴らしい。
ぱくぱくいただき、ぐびぐび飲む。
本当はもっとあれこれ摘まんで呑んでをしたかったが、貼り紙の一つに「1万円札はいや~。お釣り出さないよ」とあって、自分の財布を見たら1万円札しか入ってなかった!
違うところから千円札を持ってきたが、これ以上いただくと千円を超えて1万円札を出すことになる。
これは再訪をすればいいのだと思い、今日はここまで。
ホッピー黒セット 280円
ナカ 100円×2
冷奴 100円
だし巻玉子 300円
計 880円
ごちそうさまでした
いや~平塚おそるべし。
もう一軒立ち飲みがあるので(日曜休)、そことのはしごもいいかなと思う。
イメージ 15
駅前ではエクアドルの人がアンデス音楽を。
イメージ 16
平塚は独自のタンメンがあるのが有名。これがそのお店。
また駅前に公衆トイレがあり、その入り口が自動ドアになっているのが可笑しい。
イメージ 17
駅には七夕の飾りが。平塚と聞いて七夕を思い浮かべない人はいない。
市自体は「囲碁の町」として行きたがっているようだが。
イメージ 18
夕焼けが綺麗だった。
イメージ 19
お二人のtwitterに「猫の二重唱」の格好の画像が。拝借します。
右はピアノの木村トモカさん。



[せんべろB級酒場 波平]
平塚市紅谷町8-8東洋ビルB1
17:00~23:00
詳細不明
スポンサーサイト



コメント

No title

平塚は随分と呑んだ時代がありましたが、こちらは知りませんでした。
大概は駅前の焼き鳥屋でした。
〆は老郷ばかりでしたね。

No title

山田姉妹さんはコンサートで聞いてみたいですね〜(^◇^)

ホッピーが280円はお店というカテゴリーの中では一番安いんじゃないでしょうか〜(^o^)丿

No title

途中の曲で涙がぼうだ…当方も同じ状態になります…(^^ゞ
ハイボールだとワンコインベロができそう…(笑)

No title

コンサートって行ったことがありません。
心を振るわせる歌声。聴いてみたいですじゃ。
by 波平

No title

ぽちぽちさま。
そうそう、あちこち遠征するといつもそう思います。
パスモで払っているので痛みが薄いんですが、昔のように現金で切符なら、躊躇しちゃうかも。

No title

おん蔵さま。
ですよね。つまみが高いとセーブできますが、お酒が高いと酔えないですから(笑)。

No title

ぶらくり佐藤さま。
おお平塚時代がございましたか。
駅の南口はなさそうですね。
老郷で〆とは、やっぱりタンメン好きだ。

No title

猿吉君ビールはジュース!!さま。
外だけでなら280ありそうですがセットですからね。

山田姉妹と呑めるなら高い店がいいなあ(笑)。

No title

ノブさま。
老化と涙腺の弱さは比例しますね。昭和の名曲を若い人が歌うって言いもんですね。

No title

やまぴょんさま。
なんせやまさん一押しの鈴木瑛美子さんと戦った彼女ですからね。惜しくも新妻聖子さんに負けて準優勝でしたが。
神奈川出身者ですから応援したいですね。

No title

コンサート、やっぱり生の迫力は違うんでしょうね。
山田姉妹さん!陰ながら応援したいと思います!!
しかし音楽の世界で食べていくのも大変ですよね~。

そして立ち飲みで余韻に浸る・・・、最高の一日でしたね!

No title

チッタさま。
コンサートってめったに行かないのですが、高音の高さと声量の強さに圧倒されました。
いい立ち呑み屋発見でした。いかんせん、遠すぎる(笑)。

No title

波平安いね。割ものが140円で、焼酎が200円てどういう事なんだろう?
うちのセンベロも負けてませんよ。レモンハイをはじめとして180円、360円でメガジョッキそんな感じです。

No title

mojitoさま。
やっぱりなんだかんだあっても、飲み屋のデフレは個人的にはうれしいです。
まして年金世代は余計に、ね。
経営努力万歳。

No title

こんにちは。
心にも響く歌声だったのですね。いつまでもおふたりで~♪ 夢が叶うよう、遠くから応援しています。
波平さんの出汁巻きたまご、すごく美味しそうです。王子の狐さんがおっしゃるように、既製品を出すお店って多いですものね。手作りで、出来たてほやほやの味は貴重ですね!

No title

浜雪さま。
良かったら、近くでも応援してください(笑)。

既製品も、まあ美味しいのもあるんですが、寿司屋じゃないんだから、あったかくいただきたい。やっぱり焼きたての熱々にはかなわないですね。
安いだけの店じゃなかった!

No title

こんばんは山田姉妹さんいいですねえまた立派なホールですなあ私の住んでいる街のホールより大きいかも
冷奴にはちょっとごま油や食べるラー油をかけるとまた暑い時期には美味しさが増します

No title

PRIDEOFKANSAIさま。
いいでしょ~(笑)。
わさび豆で暮らしたい気持ちあります!

No title

こんばんわん♪
目標を持っているそのお姿、それがまず輝いてますよね
そこに努力の積み重ねられた美声で
この名目を歌われたら、涙〜涙〜です
一転して、その後のお店での玉子焼き
お醤油ありの甘めとは(*°○°*)♡!
これは、惚れましたよ

No title

びびりさま。
はい~自分の娘ぐらいの年齢でこの頑張り、癒されました。
だし巻きの美味しい店は、それだけでポイントが高いですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ