FC2ブログ

記事一覧

弘明寺 粋月に裏を返すとまた行きたくなる

今日も弘明寺ネタです。
そもそも弘明寺ってどこか。
イメージ 17
これは京急のHPから拝借しました(http://www.keikyu.co.jp/)。
この上大岡と横浜の間。京急と市営地下鉄ブルーラインの駅がある。ただしこの両駅はJR蒲田と京急蒲田ほどではないが、離れている。
今日は地下鉄の弘明寺。
前にクオリティとコスパの高さに魅了されたこちらに再訪。
[粋月]
イメージ 1
鎌倉街道の横浜国大側を歩いて改札から1、2分。
2階はお好み屋さんだったかな。
イメージ 2
ここはのれんの奥にまた空間があり、そこにメニュー。そしてドアがある。
イメージ 3
くぐりましょう。
お店はかなり混んでいた。テーブル席だけでなくカウンターも。
カウンターで良ければと言われ、隙間に座らせていただく。
こういう時、ひとり呑みのありがたさを感じる。
イメージ 4
まずは抹茶ハイとお通し
イメージ 5
白身魚のマリネかな。わからない?
イメージ 6
ほら。
イメージ 7
こんな間接照明に癒される。
店内はそんなに暗くはないのだが(あとでお見せします)。
玉子をかき回す音が聞こえる。こういうのがカウンターのよさ。
但し一升瓶が林立して厨房は人の姿もほぼ見えない。
イメージ 8
だし巻き玉子
これをひとりで。
イメージ 9
こちらのはウエットタイプのだし巻きではない。海苔がはさんである。
薄味なのでおろしを乗っけて醤油をかけてもいい。
自分は薄味平気なので、このまま。
2杯目はこちら。
イメージ 10
おや、黒糖焼酎が銘柄が変わったと思って自分の前の記事の画像を見ると、他にもいくつか変わっているようだ。
なるほど回転しているのか。
イメージ 16
天下一 黒糖焼酎 (鹿児島)
黒糖は奄美諸島だけの焼酎。これは調べると沖永良部島の蔵元だった。
黒糖焼酎については鹿児島県酒造組合のHPを(http://www.tanshikijyoryu-shochu.or.jp/amamikokuto/)参照ください。
ロックでこの量で400円はお得。
イメージ 11
お隣りさんが帰られたので撮りやすくなったが、ここからも頼んである。
イメージ 12
4番。
イメージ 13
いわし竜田揚げ
いわし以外もあったが手前右、椎茸があって、これも旨い。
こんなのを黒糖焼酎のロックでやっていると…
イメージ 18
あれ、他のお客さんはいなくなったよ。
現れたご主人に「まだいいんですか?」とおずおずたずねると、
「ちょうど今ラストオーダーを聞こうとしていたんですよ」
イメージ 14
天下一アゲインとチェイサー。
そしてこんなところで時間のかかるものを頼むようではまだまだ。
手間のいらないものを。
イメージ 15
氷頭なます
氷頭とは鮭の鼻先の軟骨。それを酢締めにしたもの。
コリコリといい食感。すり減った膝の軟骨になってくれるか。経口摂取では無理らしいが、弱った部位を食べるって「療法」、あるような気がしますよ。

「食べログ」などを見ると23:30となっていたが、店の貼り紙には「23:00までLO22:10」とあったので、それが正しいだろう。
このラストオーダーから50分あるところに、ゆったりとしてもらおうという気持ちも感じる。
抹茶ハイ 380円
天下一 400円×2
お通し 300円
だし巻き玉子 400円
いわし竜田揚げ 390円
氷頭なます 280円
計 2550円
ごちそうさまでした

[粋月]
横浜市南区大岡2-32-2
17:00~23:00(LO22:10)
木曜休
スポンサーサイト



コメント

No title

やまぴょんさま。
並んで先にいわしの!と言うと、今オレもそれ言おうとしたんだ、というアレですね。
あれは飲みが楽しくなる。

No title

ノブさま。
こちらつまみメニューに膨大な数がかいてあるんですが、やっぱりオススメの黒板も行きたくなります。
いわしは今が美味しいですよね。

No title

5:41のナイショさま。
ありがとうございます。
推敲しないで記事あげちゃうとダメですね。

No title

おん蔵さま。
ありがとうございます。
修正しました。
閉店の3時間前にLOなら、それ合宿だわ。

No title

小太郎さま。
はい、こちら接待にも使えそうですよ。
もちろん、大人のデートにも(笑)。

No title

番犬隊長さま。
これでこの価格はありがたい一品でした。

No title

ぶらくり佐藤さま。
そうそう、撮っている時はいいんですが、いざ整理して記事に、となると気が重くなりますね(笑)。

No title

猿吉君ビールはジュース!!さま。
こういう珍味系は郷愁を呼びますね。
帰国の際は氷頭なます行っちゃってください。

No title

癒される空間はいいですね。こちら禁煙ですか?
最近、癒される空間が見つからないのですよ。

No title

mojitoさま。
たぶんですが喫煙だったような。
でも誰も吸ってなかったな。
最近、あの魚料理の?お店やおでんのお店には行かれないですか?
まあ店主と話さず放って置かれるのが自分は一番の癒しかな。

No title

最近行ってないですね~。
ハードな飲みになっちゃうので、最近は静かなお店に行ってます。

No title

mojitoさま。
なるほど。
以前元気に飲んでいた店だと、もう静かな飲みを許してくれなくなりますよね。
そこが顔馴染みの店の辛いところ。

No title

今日は紳士の雰囲気漂うお店ですね。
いや普段が紳士ではないと言っている訳ではないですけど(笑)
こういう店を引き出しに持っておきたいです。

No title

ypさま。
いや、普段はホント紳士度数ゼロですから(笑)。
おっさん酒場を愛しつつ、たまにはこんな、ね。
ちなみに、自分にとっておっさん酒場か紳士酒場かの違いは、野球帽をかぶったおじさんの有無(笑)。

No title

こんばんわん♪
間接照明を活かした落ち着いたお店、好きなのですよね
撮影しにくい事もあるのですが、
こちらのお店は確かに思いのほか明るいのですね
出汁巻き玉子、竜田揚げ、氷頭なます・・・
私も全く同じ注文をしてしまうように思います
竜田揚げに椎茸やししとうが添えられておりのが
また嬉しいなあぁ♪

No title

こんばんは。
氷頭という名前を初めて聞きました。また、鮭の鼻先の軟骨という食材があることも知りませんでした。
メニューにある「きつね納豆」は生の油揚げに納豆が詰めてあるのかなと、ちょっと気になりました(^^)

No title

こんばんは氷頭なます渋いですねえ
あとだし巻き卵が見た目もまた美しくて
画像一番上の京急の路線図を見ていて、そういえば私京急に乗った事がなく相鉄や横浜市営地下鉄ならあるんですが

No title

びびりさま。
そうなの。カウンターや厨房のところだけが暗いのです。
いい感じのセレクトでしょ。
ここはまだまだいただいてないメニューがたくさんなので、次回はまた違うのに行くか、美味しいので同じのを繰り返すか、悩みどころです。

No title

浜雪さま。
何でも食い尽くそう、そんな食材への感謝の念からの珍味でしょうか。透き通っていることから氷頭と名付けたようです。
きつね納豆、たぶんそうでしょうね。
ただ、自分は納豆NG国のものなので、発注はないかな(笑)。

No title

PRIDEOFKANSAIさま。
京急はマグロ切符も有名です。あとは北に向かうと地下鉄さらに京成で、成田まで行くのです。
つまり寝過ごし危険列車(笑)。
食べ物は見た目ですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ