FC2ブログ

記事一覧

上大岡 やきとり栄は癒される

6月19日の月曜日。
この町でちょい呑みと思って、先日弾かれたここに。
[やきとり栄]
イメージ 1
入ると大将は「おう」と言い、ママさんが「あら~先日ごめんなさいね」
当方としては覚えていてくれただけで有難い。
だって、自分今日が二回目、つまり弾かれた時は一回ちょい呑みをしただけの無名人(笑)。
こちらの店も基本10時には火を落とすから、10時半ぐらいにやってくる方が悪いんだが、「あの日はもう食べ物がなくなっちゃってね」。
なるほど。そしてママは「ちゃんと覚えているでしょ」そう言ってにっこり笑う。
イメージ 2
緑茶割り
カウンターの上の大皿に「これは何?」と聞くと、鶏の竜田揚げだと。
いただきましょう。
この頃カウンターには女性がひとりかな。おいしそうに手羽先をいくつも食べておられた。
イメージ 3
鶏の竜田揚げ
ここから見えるホワイトボードに金額が見えるから安心だ。
イメージ 4
目の前に日本酒の銘柄の数々。そうだここは日本酒が格安?で呑めるんだった。
そうなるとお茶割りの場合ではないですよ。
並んでいるのは焼酎ばかりと言うのがありがたいじゃない。こんなところに日本酒の瓶を並べる店があるが、劣化すること甚だしい。
目を凝らしてみる。
イメージ 5
上喜元おすすめ。
それいってみよう。
イメージ 6
上喜元 特別純米酒活性清酒にごり生酒 (山形)
いや~これは旨い。もうガスは出ていないが、まろやかな甘みが口いっぱいに広がる。
イメージ 7
さんまの開き
開いて頭が右にあるのは自家製か?
これが到着した時、隣りの手羽先の女性(かなり先輩の年齢)が「綺麗に食べなさいよ」と警告。
もちろんです。で食べ終わると女性が
「…私の言えるレベルじゃなかった」
ママさんも皿を持って「もう猫の食べるところが残ってないねえ…」
貼り紙が別のところにあって、聞いたことのない銘柄が。
それも行きましょう。
イメージ 8
嬉長 純米吟醸 夏限定酒 (奈良)
奈良生駒の麓に400有余年の上田酒造。
これも甘口でいい。幼いころは生駒山の峰々を見て暮らしたので、懐かしい望郷の酒だ。
イメージ 9
さてもうこんな時間だ。
そろそろあがるとしましょう。
緑茶割り 330円
上喜元 600円
嬉長 500円
鶏の竜田揚げ 250円
さんま開き 300円
? 220円
計 2200円
ごちそうさまでした
ちょっと計算が合わないがまあいいでしょう。

このあと、一緒に店を出た先輩に、いくつかお店を紹介していただく。
そこに入るのは翌日のことになるので、明日の記事に。

[やきとり栄]
浜市港南区大久保1-15-36
~22:00
スポンサーサイト



コメント

No title

焼き鳥は召し上がらなかったのですね。
秋刀魚のひらきが300円とは、随分と安かったですね。

No title

舐めたらあかんぜよ。って感じで気負うこともなく綺麗にサンマを召し上がったのでしょう。逆に汚く食べ残すことが出来ないって。

No title

ぽちぽちさま。
ぶるはなんだかお店の入り口まで人がいて、入りづらいので未訪です。
明日の記事はまた上大岡で新規開拓。ぶるのそばね。

No title

一回で覚えてくれるお店って嬉しいですよね~贔屓にしたくなっちゃいます。

No title

ぶらくり佐藤さま。
はい、この日は焼き鳥以外を試してみようという意図でした。火を落としてもおかしくない時間でしたし。
さんまは美味しかったですよ。

No title

やまぴょんさま。
なめたらいかんぜ!と骨をしゃぶっていたら、骨舐めたらいかんぜよ!と言い返されたりして(笑)。
そう、ひものですから下手に食べる方が難しい

No title

おん蔵さま。
そうなんですよ。
店からするといろんな客がくるから覚えているはずないのが普通ですからね。
今日のおん蔵さんの記事と違って、隣りのお客がいい人で良かった(笑)。

No title

手羽先を目一杯食べたくなっちゃいました(笑)
先輩…なんかいいなぁ~~(^_^ゞ

No title

あと5回も通えば有名人かな♪
上喜元は同じ屋号の店で初めていただき美味しかった記憶があり〼。
一合600円はリーズナブル。

No title

ノブさま。
手羽先は焼きでも揚げでも指で持ってむしゃむしゃかぶりつきたいですね。
いい先輩で良かったです。

No title

ypさま。
日本酒がこの値段はいいですね。こんな風に原価の3倍までに抑えてほしいなあ。

No title

こんばんは。
初訪問の次は弾かれて…、それでも覚えていてくださったなんて嬉しいですね(*^_^*)
お店で出会った先輩の方も、次回お会いしたらきっと王子の狐さんの事を覚えていらっしゃると思いますよ~。

No title

こんにちわん♪
お店に入った時の空気で歓迎具合がわかりますよね
覚えていて下さったのも狐さんの印象がよろしかったのでしょうね
私、「綺麗に食べなさいよ」なんて言われてしまったら
ドキドキしちゃいます
あ、その前にお顔がついてるからオーダーしないですね

No title

11:12のナイショさま。
自分もそう思います。
自分並の魚の食べ方、米粒を茶碗に残さない、酒がほどほどに呑める、これでないと娘はやれん!

No title

浜雪さま、
パチパチ撮ってるので覚えられたかもですよ(笑)。
はい、先輩が覚えていたら、今度は自分が、きれいに食べなよ、と言ってあげようかな♪

No title

びびりさま。
煮魚で目玉のところが美味しいんだから食べなさいと言われると、卒倒しますかね(笑)。
まあ、印象がいい客でごさいます(笑)。

No title

狐さんはお魚がお好きなんだなと思いました
お魚が好きな方って食べ方もお上手なんですよね

ウチのKちゃんはお肉派なので
お魚の食べ方が下手で~
まだ食べれる所いっぱいあるのになぁ~なんて思ってしまいます

No title

こんばんは魚の食べ方は難しいものですよね私は時折『骨や目玉はどこへ』と言われます
魚好きですので特に焼き魚や煮魚お造りも好きですが

No title

むぎちゃんさま。
これでもね、子どものころは魚を食べるとじんましんができるっていう子でしたが、いつの間にか魚好きに。
Kちゃんはたぶん、小さい頃丸一尾の煮魚焼き魚をあんまり食べなかったのかな。

No title

PRIDEOFKANSAIさま。
あはは、骨・目玉までなくなる立派ですね。
自分は特にあら煮の「分解」が好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ