FC2ブログ

記事一覧

大船 小料理やすらぎに再訪、鈴虫の音色をBGMに

今日で8月も終わりですねえ。
連続した時の流れとは言え「8月」と「9月」では響きが違います。
秋の気配かなあ。
でこの日は前日、弘明寺の[粋月]で公式戦を終えた次の日のこと。
さて記事作成のために飲みにでも行くか(笑)と思って、今日は大船で。
前に一度行ったお店に裏を返そうと
[やすらぎ]
イメージ 1
ガラリと開けると椅子に座っていた大将のぎょろっとした目と合い、思わず「い、いいですか」と聞く。自分がカウンターに向かうと白衣を着ていつものように店の奥に座る大将。
女将さんがおしぼりを手渡して聞くので「男山」。
イメージ 2
お酒は一升瓶ごと冷蔵庫に入れているので冷たい。
「お通しです」と出されたのでしらすかと思ったら…
イメージ 3
大きさが違う。歯ごたえも。
シラウオだった。
こりゃあいい。
女将さんに「しらすかと思ったらシラウオだったんですね」と言うが、自分の声が小さいのか、「え?」と聞き返されてもう一度言うものの、そのまま黙った。
このあとも話が通じなかったり、聞き返されて繰り返すこともあったりして、女将さんもかなり耳が遠くなっているのだろうが、他のご常連はどれぐらいのボリュームで話されているのか、一度見てみたいと思う。
小さい店で大声を出すのは、どうもね。
虫の鳴き声が大きく聞こえる。
リンリーンリンリン
店の中だ。
鈴虫か。
その後も聞き返しあったりした会話をかいつまむと、ご常連に卵からふ化させた鈴虫をたくさん育てている方がいて、毎年もらうのだそうだ。
なるほど、この乾いた声を聴いていると、鈴虫の鳴き声ももっともだと思わせる。
イメージ 4
どれを今日は頼もうかなと貼り紙を見ると…
イメージ 5
お、秋刀魚の塩焼きがあるじゃないか。
「さんまください」
「生?」生ビールはないよと言いそうなので
「さんま」
「?」
「さ・ん・ま」
こんな感じです(笑)。
俺の滑舌の悪さか?
イメージ 6
これはお惣菜だけど、と頂きましたのは黒ムツの煮付け
むっちりと柔らかい。
そして、グリルで焼くためか、半分に切られたさんまが焼きあがった。
イメージ 7
さんまの塩焼き
うん、これは新さんまか。
なかなか新鮮でいい。
追加でもらった男山で身をつつきながらいただく。
食べ終わると女将さんが「ま~キレイ」。
当方、魚の食べ方は「ねこまたぎ」をモットーとしていますので。
しかしこれはあまり通じなかったようで、今調べると「ねこまたぎ」を猫が食べるところが残ってないほどきれいに食べる(=美味)は関西での言い方で、北海道などは猫も見向きもしないほど不味い、と真逆な意味になるようだ。
つまり自分は関西の使い方のつもりで言っても、聞く相手によると「この魚はまずいぞ」と言っている(だったらなんで綺麗に食べたんだ?)ことになる。
日本語は難しいなと、鈴虫の鳴き声を聴き、秋刀魚を食べながら、秋風が吹いたような気になるのだった。
「2300円です」
小片を渡された。
推定するに
男山 550円×2
お通し 600円(仮)
さんまの塩焼き 600円
黒ムツ煮付け サービス
計 2300円
ごちそうさまでした

ここで帰ればよかったのだが…

[やすらぎ]
鎌倉市大船1-5-6
0467-44-0857
土曜休
スポンサーサイト



コメント

No title

びびりさま。
いやいや、私の親レベルのご年配ですから。お仕事柄、お相手になるでしょ。
まあ、余計なことを話しかけた自分が悪いんです(笑)。

No title

ノブさま。
だいたい自分は黙ってるんですが、この日は人恋しかったんですかねぇ。
それが二軒目で一挙に加速(笑)。

No title

新さんまの定食もお店に出回るようになりましたね。まだまだお高いですが。
お通し600円て聞いたことがない設定ですね。秋刀魚と同額ってのが解せないですね。
シラウオは久しぶりに踊り食いで食べたいです。

No title

自分も右が良くないのでご迷惑をお掛けしております(-_-)

No title

私は大きくてかん高い声なので通じるかもですがこういったお店は常連さんじゃないという落ち着かないかもですね(^_^;)

No title

良き酒場ですね。ストロングStyleな大将、老舗には理由があります。素直に楽しむ酒場心があればこそです。

No title

おはようございます。
話が通じなかった時に何度も伝えるのは(相手がご高齢ですと特に)何だか申し訳ないなと思ってしまうので、そんな時はとりあえずニコッとすることにしています。
さんま発注後に黒ムツとは・・・(笑) 予想外なサービスでしたね

No title

そんなコミュニケーションも味の内かもしれません。
秋の気配を感じると秋刀魚が恋しくなりますね。
買って来ようかな。(^^)v

No title

mojitoさま。
あくまでも黒ムツ無料としての設定ですから、違うかもです。
新サンマ今年は小ぶりのニュースですね。

No title

小太郎さま。
そうですか。それは特に気にならなかったですよ。

No title

猿吉君ビールはジュース!!さま。
お声を存じ上げませんが、なんとなく想像できます。
最近はどこでもくつろげる図々しさです(笑)。

No title

番犬隊長さま。
白扇なきあと風格あるお店はこちらだけかも、です。
老舗は多くの御常連が支えてきましたからこそ老舗ですね。

No title

浜雪さま。
とりあえずにっこりですか。
やってみようかな。
うちにも耳の遠い、老耳がおりまして、3回ぐらい言うのは慣れております(笑)。

No title

やまぴょんさま。
そうなんだよね。
それを感じるゆとりを酒場では持ちたいです。

スーパーのチラシにも新サンマが写ってますねぇ。

No title

横浜美術館に行った帰りに地元で秋刀魚を買いました。
まだお腹空いていないけど楽しみです。

No title

夏の終わりってなんだか寂しい気持ちになります

どうしてかな…

春から初夏を迎える季節とか
寒い冬が過ぎて~桜が咲く頃を心待ちにしてたりするのに~

夏の終わりだけはなぜかしら?
さみしい…
どうしてなんだろう

でも食いしん坊の私は
秋の味覚は楽しみなんです

No title

こんばんは秋刀魚の塩焼き美味しそうですねえでも半分に切られてあるのはちょっと味気ないような気も

No title

やまぴょんさま。
美術館帰りに秋刀魚なんていいじゃないですか!
佐藤春夫の詩が口をついて出そう。
さんま甘いかしょっぱいか。

No title

むぎちゃんさま。
そうなんだよね~。
なんか寂しいの。
冬が迫ってくるからかな。
でも、美味しいのが揃うのは確かに(笑)。

No title

PRIDEOFKANSAIさま。
はい、ちょっと残念でした。
頭も辛うじてありましたが。あれがないのも寂しいのですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ