FC2ブログ

記事一覧

よたび仙台で呑むその7 今夜はブンヨコで。源氏・きむら・おの新、そして痛恨のミス

さて、今回の仙台の呑み旅もいよいよ最後の夜となりました。
今日向かうのは[源氏]のある文化横丁。通称ブンヨコ。
昨日は東一市場だったので、今日はこちらで回ってみよう。
まずは初日に失敗したこちらに。
[源氏]
イメージ 1
前回までの旅行では毎夜伺っていたが、今回は今日が2回目で最後。
イメージ 2
ガラガラと戸を引くと、客はいるが座席は空いていた。
あとで女将さんがどなたかに語ったところによると、昨日はかなりにぎやかで雰囲気が違ったそう。
と言うことは昨日と一昨日は混んだ、そんなところか。
イメージ 3
高清水初しぼり
時期によるのだろうが、レギュラーの高清水辛口以外に、こちらがあった。
これは普通の高清水よりもフレッシュな感じがする。
イメージ 4
あては漬物と銀杏。
一昨日の画像とは大違いだ。
イメージ 5
黒生ビール
二杯目は生のうち、黒にしてみた。
イメージ 6
あては冷奴。
もし去年までの記事をご覧になっていない方のために付記すると、こちらは下の画像にもあるようにいくつものつまみがあるが、お酒を頼むと一品決まったものが出てくるシステム。
4杯目までは決めてあるが、5杯目以降は聞いたことがないから、基本そこまでで帰るのだろう。
ずっと飲んでてへべれけ、そんな人はいない。
イメージ 7
今日は奥に若い方の姿もあったような。正面の青いところが厨房。
短冊は刺身、めひかり一夜干し、岩ガキ。ソーセージ盛り合わせ、剣先スルメ、おでん…。
イメージ 8
3杯目は高清水にして、あては刺身。
この日は、かなり以前に帽子を忘れたんですけど、の女性。うちの妻が女将さんの大学の後輩でしょう、とか(へえ、女将さんはあそこのあの学科専攻ですか)。京都で立ち呑みやってますとか。
多士済々という感じ。
一方そつがないと思っていた女将さんが、いくつか忘れ物をしていたりとか、そんなことも興味深い夜だった。
こちらはいわゆる大衆酒場と云う感じでもないが、かといって敷居の高い店でもない。しかしあんまり見かけるタイプでもない。
仙台に来ると行きたくなる、いやここに行くために仙台に来ている、そんな感じだな。
高清水初しぼり 1000円
黒生ビール 1000円
高清水 900円
計 2900円
ごちそうさまでした

さてそこから少しだけ歩いて…知名度は[源氏]と並ぶか。
[やきとり きむら]
イメージ 9
前に入ったときは厳しいおばあさまがいらしたが、その時は当方ややへべれけ。
今回は若いおねえさんが2人もいて、当方も酔っていないと、まことに好都合なわけです。
イメージ 10
焼酎、と頼むと何にする?的なことを聞かれるので「炭酸」という。
お通しで白菜の漬物が出てくる。
炭酸は一本で何杯かいけるので、この日は都合焼酎を3杯飲んだ。
いわばナカ3、という次第。
イメージ 11
入口に近いカウンターだったので店内も張り紙もよく見える。
ちょっと張り紙を大きくしようか。
イメージ 12
前に見たときよりもきれいだ。
時は針を少し進めてある。
これは昔の居酒屋でよくあったパターン。
この日は豚ばら・豚みそは終わったとのことなので
イメージ 13
砂肝・タン・皮
少し寂しい気もしますが、1本80円と考えると十分な量。
その証拠にお客さんたくさんですから。
いや、この日売り切れた豚2種がたっぷりで、それが人気のようだった。
イメージ 14
値段の表記がないが、枝豆を頼んでみた。
枝豆もそろそろおしまいだなあ。
値段のわからないのを頼んでみたのは酔ってきた証拠で。
支払いから逆算すると
焼酎 200円×3
炭酸 200円
お通し 20円?
砂肝・タン・皮 80円×3
枝豆 200円?
計 1260円
ごちそうさまでした
枝豆が220円でお通しただ、も考えられるな。
計算ミスも考えられるが。

さてまだ時間は早い。
ここはブンヨコというより隣接の壱弐参横丁だったかな。
この横丁は、トイレが通りとして共用なのがありがたい。
今回、[源氏]は1.5回となったが、ほかは各店1回を通して新規を増やしてみたので、ここも新規開拓。
[おの新]
イメージ 15
何かの情報があって入ったわけではない。
古いたたずまいに、ピンとくるものがあり、そんなに高くなかろう、そう思って。
ガラリと開けると「30分ぐらいしかないんですが」と言うので「いいです」と。
本当に30分で早じまいなのか、そう言えばこの見慣れない顔は帰ると思ったのかは不明だ。
(あとで下の情報欄を作るにあたって調べると実際早い閉店時間だった)
イメージ 16
お酒、と頼んでみた。どうする?と聞くので「お燗いいですか」と頼んでみる。
この男のものの言い方に安心したか。
いや、年配の女将さんひとりのお店では、きわめて礼儀正しく振舞う。そうすると店も安心するのだ。
大きな店だと見慣れないのが一人入っても大勢に影響がない。
小さな店だと、店の中の空気がゆるむというのか、止まっていた音楽がまた鳴り始めるというのか、そういう時がある。これが心地いい。
イメージ 17
先輩がひとりボトルキープを呑んでおられた。
テレビは何をやっていたかな。
もし冒頭の「30分」が本当なら、手の込んだものを頼んでは悪かろう。
時間があるのなら「なんか魚でも焼いてもらえる?」と聞くのもありだが。
さっきの空気で言えば「いや、まだまだ時間はいいんですよ」と修正されることもある(笑)。
で、カウンターに瓶があったので
イメージ 18
らっきょうを頼んだ。
女将さんがおや、と好意的な反応をほんの一瞬だけした。
お通しの冷奴とらっきょう。
これはどちらも自分としては〆的な呑みではナイスなつまみと思う。
ここもくつろげる感じだったな。
燗酒×2
お通し
らっきょ
計 900円
ごちそうさまでした
ほら高くないでしょ。

このあと
イメージ 19
こちらに行くつもりだった。
しかし現在で日本酒4、生1、焼酎3か。
このまま3階に上がるのも危ないなと、一旦マクドナルドで無料のコーヒーをのんで、酔いを醒まそう。
そう思って2階の静かなところでコーヒーを呑んでいたのだが…はい寝ちゃいました。
目が覚めると時間は、え、もう11時半。
店でもらったレシートを見ると、う~ん、2時間近く寝ちゃったじゃないの。
さっきの店はやってないし、そもそもホテルは何時までに帰ればいいのかわからず、情けなくもここでお開きにしよう。
しかし、スッキリとした目覚めで、体調はいい感じ(笑)。
イメージ 20
こんな感じで終わったのでした。

[源氏]
仙台市青葉区一番町2-4-8
022-222-8485
17:00~23:00
日祝休

[きむら]
仙台市青葉区一番町2-4-17
022-227-0708
17:00~23:00
日祝休

[おの新]
仙台市青葉区一番町2-3-28 壱弐参横丁
022-227-7979
17:00~21:30
土日祝休


スポンサーサイト



コメント

No title

でも何か壊したとか無くしたとかケガしたわけではないですね。安心しました😁 摂取量を考えると賢明なスリープ…だったのでしょうね🍀のぶ🐶

No title

源氏は野毛武蔵屋を思い出します。文横の至宝ですよねー。しょんべん横丁の大衆酒場群は国分町にない昭和のこころがあります。
素晴らしい旅ですね~。

No title

よく飲んでよく攻めましたね。
最後の秘匿が睡眠時間に変わったけれど、
それも良かったのてはないでしょうか。

No title

仙台へ行ったときは源氏には必ず行きたいですね〜お酒とおつまみがセットのシステムを味わいたいです〜(^o^)丿

No title

日本酒が恋しくなってきました。台湾で呑むとメチャメチャ高いんですよ。明日帰ります。

No title

こんにちわん♪
旅先でも新規開拓とは流石ですね♪(*^^*)
2時間の睡眠、肩が凝りませんでしたか?
蔵盆さんは残念でしたが、充分に飲まれてますので、
お身体には良かったのかと

No title

のぶさま。
そうですね。
あのまま店に入っていたら店で寝たり壊したりしていましたからよかったかもですね。

No title

番犬隊長さま。
国分町で落ち着かない自分もブンヨコや壱弐参横丁で落ち着けるのも、昭和だからですかねえ。
きわめてささやかな復興支援のつもりです。

No title

やまぴょんさま。
寝る子は育つでした。
ホテルって何時までに戻ればよいか聞いておけばよかった。

No title

猿吉君ビールはジュース!!さま。
野毛の武蔵屋もそうでしたから昔のスタイルなんでしょうかねえ。
ぜひ味わってみてください。

No title

おん蔵さま。
お~楽しんでおられますね。
日本酒はぜひ戻ってどんどん飲んじゃってください。

No title

びびりさま。
はい、そこは長年座ったまま寝たキネヅカでして(笑)。
翌日帰るのでよかったかもしれません。

No title

こんばんは。
タイトルに「痛恨のミス」と書いてあったので心配になりましたが、ご無事で良かったです(笑)
宮城の地酒バーの蔵杯さんは次回のお楽しみですね。

No title

こんばんは最後の部屋飲みのチップスター最近ポテトチップス食べていないなあとあと焼き鳥がまた美味しそうですねえ1本80円は有難いですよ皮にも玉ねぎが刺さっているのは珍しいように思います

No title

11月に仙台へ行くので参考になりました。
しかしお酒、お強いですね~。

No title

浜雪さま。
はい。森毅だったかな。旅の楽しみの一つは何かし残しておくこと、というのがありました。
はい、記事を書けるぐらいのミスでよかったです。

No title

PRIDEOFKANSAIさま。
確かに言われてみれば、ネギはよくありますが、玉ねぎは、ですね。
それもまたまくて良かったです。

No title

呑み酒士さま。
なにかのご参考になれば幸いです。
いやいや、ポンコツの胃肝臓ですよ。
最近はとみに眠いのですが、これは男の更年期かな(笑)。

No title

二時間も寝ちゃいましたか(?_?)
仙台最後の晩、勿体なかったね‼
源氏、けっこう良い値段するんだね~💧

No title

ぽちぽちさま。
まあ実際は起きてる時間もあったので一時間半かな(爆)。
そうなんです。
大衆酒場ではないので。
でも最近は若い人も見かけますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ