FC2ブログ

記事一覧

茅ヶ崎 初音によいお年を!と言ったら…、そしてまた考えさせられたこと

この日は茅ヶ崎。
昨日もかなり呑んだし(昨日の記事の鎌倉)ノンアルでもいいかなと思いつつ、こちらの呑み納めをしておこうか。
今年はなぜか茅ヶ崎に数年ぶりに仕事で伺うことになった中の新規開拓だったお店はここを含めて3軒。
あ、たこ焼き屋に再訪してないや。それは年明けか。
[Jion初音]
イメージ 1
駅南口の「お兄さんどうですか」「いい子いますよ」的な黒服の方が多くいる通りを抜けて[ジンギスカン]と同じビル。
ガラリと入ると入り口近くに日本語で話していないコンビがいまして、その奥に。
喉が渇いてますのでとりビー。
イメージ 2
モルツ中瓶
瓶の向こうに年末年始の貼り紙。
イメージ 3
ここも元旦だけかあ。
素晴らしいなあ。同志と思うよ。
自分など同じ勤務体制だから人と話すが、年末年始帰る実家もなく一人で過ごすなんて人にはオアシスになるんじゃないか。
イメージ 4
一応、メニューを上げて置きます。
そう、瓶ビールは高いが、おつまみ50円引き。
イメージ 5
くだんの外国語のひとりが日本語で缶詰を眺めて「おススメはドレデスカ」。
マスター「う~ん、おススメしかおいてないからね」とここだけで会話が終わったら木で鼻をくくる対応。「濃いのが好きなの? あっさりがいいの?」と相談に乗ってました。
お客と言えば、こういう立ち呑みに来たことがないんだろうなという30前後のカップルがあとから来まして。
「まず飲み物」と聞いているのに「瓶ビールとライムサワーとあとおでんと~」。1人でやっていると気がつかないのか? こういう人を「チェーン居酒屋病」と呼べばいいのだろう。
マスター「いや、まず飲み物だけ」とさえぎってました。
ただこの男性、帰る時に「1100円」と言われて「そんなに安いの~」と驚いていたが、え?貼ったメニュー見てたよね?と思ったので、ちょっと変わった人なだけかもしれない(笑)。
自分の勝手な想像だが、ある世代以降上司や先輩と呑むのを好まない傾向が出てきて、それはそれでいいとは思うが、その結果学ぶべき「酒道」というか「居酒屋道」というか、そういう酒の場の作法やらを学んでいないようになっちゃってるんじゃないか。
あるいはよく聞く、店員に理不尽なことを言って当たり散らす、というのもそういう流れかもしれない。
イメージ 6
ポテトサラダ
これジャガイモが割と大きく、マヨが少ないタイプ。
イメージ 7
おでん 大根・ちくわぶ・玉子
そういえば30代カップル、この色には驚いていなかったな(笑)。
もう一杯、いつもは剣菱だが
イメージ 8
黒霧島のお湯割り

こういう感じで、では帰りましょう。
モルツ中瓶 500円
黒霧島 350円
ポテトサラダ 250→200円
おでん3点 250円
計 1300円
ごちそうさまでした

お金を払って「よいお年を!」というとマスター「え~。まだまだ営業してるよ~」。
こんな反論は初めてです(笑)。
いやいや自分がもう来れないだけで。

[Jion初音]
茅ヶ崎市幸町23-1 サザンコート1F
0467-83-0097
平日16:00~23:30
土曜15:00~22:30
日祝15:00~21:30
火曜休
スポンサーサイト



コメント

No title

所詮最初はそんなもんでしょう。
外国の方も若いカップルもその人に合ったお店がいずれ出来ますことを。

No title

最近若いのと飲んでないからな~。
実態不詳です。
でもまず飲み物をっていうのはチェーン店でもそうだと思うけどね。

No title

外国人が「おススメ」を口にされるとは、余程に日本慣れをされている方なのでしょうねぇ。
何となく微笑ましいなと思いましたよ。

No title

外国人が「おススメ」を口にされるとは、余程に日本慣れをされている方なのでしょうねぇ。
何となく微笑ましいなと思いましたよ。

No title

やまぴょんさま。
自分たちの若い頃はそんな店はあったのか知らなかったのか、夏休みなと何日も人と口をきいていない、なんてありましたよ。
話せるだけでいいですよね。

No title

びびりさま。
まあ、みんなそうして学んでいったりいかなかったり(笑)するんでしょうね。
はい、お休みの少ない店はありがたいです。体を壊さなきゃいいけど。

No title

のぶさま。
おかげで秋田に行けるわけですね。
お店によってのローカルルールは常連さんが教えますが、一般的な作法は、やっぱり慮りの有無かしら。

No title

小太郎さま。
ワンオペの時は気くばりがより必要になりますね。

No title

ぽちぽちさま。
注ぎ足そうとしたのかな。
とするとそれも一本取られちゃったのかな(笑)。
もしからのコップでノーだったら、くるなよ~、だね。

No title

むぎちゃんさま。
この店名は不思議ですが、まだ聞けないております。前の店名を引き継いで足したのかも、です。
はい、ちくわぶも中までこの色。
まさにチョコ麩菓子(笑)。

No title

おん蔵さま。
そちらはお若い店主が多いのかしら。
よく聞くのは家にいても退屈なので店開く、そんなご高齢の方が何軒かあります。
話すと呆けないと。

No title

ノブさま。
いや、ほらやっぱりよいお年をじゃなかったじゃん、と言われそうなので、ここは意地でも行かないぞ、と(笑)。

No title

番犬隊長さま。
まさにその店たちですよね。
下手なことをすると、お店からピシャリと。いい意味での一本ピンとした緊張感がありましたね。
まさに店の中にいて知る作法。

No title

ypさま。
はい、蟹が体に合わせて穴を掘るように、それぞれの方に合う店が。
ま、たいていの店はたいていのお客が合うんですがね。

No title

mojitoさま。
あはは。確かにそうだ。
きっといっぺんに頼まないとなかなかオーダーできない店があったんですかね。

No title

ぶらくり佐藤さま。
そういえばそうだ。
きっとどこかでそう言っている先輩がいたのか、隣のお客がいたのか、ですね。
たいていの店が全部がオススメだよ、と言いますよね。

No title

こんばんは。
元旦は朝昼晩と自宅でおせちやお雑煮をいただき、2日になるとそれに飽きてきて外呑みしたくなるので、お店が開いていると助かります。
が、実際は実家から出られず外呑みの夢は叶いません(笑)

No title

こんばんはおでんのちくわぶをみて一瞬ごぼうかと
のモルツも結構美味しいですよねえ
家だとSUNTORYでは金麦がメインになります

No title

浜雪さま。
お母さんは酒飲みが嫌いでしたよね。
でも、そろそろ、夫婦共よく飲むとお伝えしたらどうでしょう。かなり、気楽になると思いますよ(笑)。

No title

PRIDEOFKANSAIさま。
ちくらぶは関西にないですもんね。
初めて出会った時これなんです?ときいたら、すいとんみたいなものよ、と。
とても納得したのは、やっぱり世代か(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ