FC2ブログ

記事一覧

水道橋 「大晦日」水道橋新規開拓呑みその3 魚升

昨日の記事が新着に出なかったとのこと。ほら、自分の記事が新着に出ているかどうかわからないじゃない。
予約投稿のせいなのか、また新たな不具合か。
今日も不安ですが、まあいいでしょう。
このブログをご覧の方々は基本365日5時10分にアップされていますので、今後も覗いていただけるとありがたいです。
さて[うけもち][でん]と続いた水道橋呑みの続き。
いろんな店があるものの、どれもピンとこなかったが、ここの前にきて、ちょいとそそられた。
もちろん何の情報もない。カンである。
[魚升]
イメージ 12
「餃子専門店」のほうじゃないよ。
「立呑海鮮」いいじゃない。
イメージ 1
ほほう、お安い。
イメージ 2
地酒のお店と見た。
入ってみる。
L字になったカウンター。入口近くに立つ。
お客さんが数人いたが、時間のせいか少ない。
イメージ 3
飲み物はセルフサービス。面白い。
「地酒」と言ってコップをもらった。
イメージ 4
振り返ると日本酒のリーチイン。
そこから一升瓶をひとつ、グイッと握る。
イメージ 5
焼酎やお湯がある。
最終的なルールをいうと、ここでコップに日本酒を注ぎ、擦り切れいっぱいをちょっと飲んでカウンターに戻る、そういう流れのようだったが、カウンターまで瓶をもって来てしまった。
イメージ 6
楯野川 純米大吟醸 (山形)
イメージ 7
燗がいい場合はちろりに入れて自分で好みの温度にせよ、というわけ。
イメージ 8
安いな~。
しかも日本酒に合うツマミばかりじゃないか。
升盛をいただく腹具合ではない。
穴子の骨せんべいはあるのに、アナゴ本体はないのか。
というぐらいは考えることができるが、発注したもの自体はよくわからない。
たぶん、[うけもち]でいただけなかったことが心の奥のほうにあったのか。
イメージ 9
エイヒレ
かなり大きめですよ。
マヨに七味を振りかけて、と。
冷や酒と炙りたてのエイヒレ、合うな~。
イメージ 10
お客さんはほかに3人に。
こんないい店、早い時間なら流行らないはずがない。
近くにあったら通いつめるな。
トイレに行って黒板を見る。
イメージ 11
おひとり様セットなんてあったのか。
中落なんぞもいいね。
ここでゆっくり沈没と行きたいところ。
帰る電車も気にする必要がないからね。
……が、時間的に閉店も近いし、そうだそもそも自分は何のためにこの街に泊まっているのだ、と本来の目的を思い出した(知らない町でのひとり呑みは自制心が働くものである)。
だとすると数時間後に起きれないのはありうべからざること。
この辺でホテルへと戻るか。
楯野川 390円
エイヒレ 290円
計 680円
ごちそうさまでした
安い。

水道橋で飲むのは、これで人生たぶん3度目だが、まだまだ奥が深いなあ。
今度は呑むためだけにホテルに泊まって、堪能してみたいものである。

[魚升]
東京都千代田区三崎町2-21-11 ゑびすビル1F
03-3221-8860
17:00~23:30
日祝休
スポンサーサイト



コメント

No title

最後スッキリって感じです😁あら煮のあるお店はいいお店だと勝手に思ってます(笑)🍀のぶ🐶

No title

なるほど・・良いお店を見つけられましたな~。
ピンで伺ってイロイロオーダーしたくなるお店ですね!

No title

新規開拓大成功✨
嗅覚冴えてたね❗
セルフってのも面白いね~🎵

No title

ようやく良いお店に出会えて良かったですね~

No title

なかなかに良さげな店ですねえ。
立ち飲みフリークとしては非常に気になります。
ここはメモ♪

No title

水道橋で酔い酔い酔客!なんか羨ましいです。^ - ^

No title

おん蔵さま。
水道橋利用のリーマンが羨ましいですね。
ホント店が多いです。

No title

のぶさま。
それ言えますね。
店できちんとさばいている証拠だし、時間かけて安価で提供ですからね。
あら煮と一緒の大根も美味いなぁ。

No title

チッタさま。
刺身に揚げ物に焼き物とあるといろいろ楽しめちゃいますね。
何より自分で注いだりお燗をつけたりが楽しいです。

No title

ぽちぽちさま。
一軒めは自分で焼き物をする。ここは自分で注ぐ、水道橋ってセルフの街かな(笑)。

No title

小太郎さま。
はい、自分は日本酒と海鮮が好きなんだな、と再確認(笑)。

No title

ypさま。
店を教わった恩は、ご存知ない店で返す。
未訪問と知り、ホッとしております(笑)。

No title

番犬隊長さま。
電車でも帰れる距離で泊まって呑む、これいいですね。

No title

こんばんは。
魚升さん、良いですね。メニューを拝見すると惹かれるものがたくさんあります。
ちろりに日本酒を注ぐ場合は、下の線までが390円でしょうか~⁈ グラスよりもたくさんお酒が入りそうですね(笑)

No title

15:47のナイショさま。
赤城神社ですか。
確かあの辺りに古いいい立ち飲み屋があったと思います。
それと加賀屋のはしごですね!

No title

浜雪さま。
ふふふ。一瞬、だよな~と思いましたが、残念ながら、コップが渡されるので、そこに注いでからちろりに、という流れですね。
世の中甘くない(笑)。

No title

こんばんは自分でぬる燗にも出来るのはいいですねえ
黒板にある本マグロ中落ちもぶり大根も値段が安いですなあ

No title

PRIDEOFKANSAIさま。
しかも都心ですからね。
いわば淀屋橋や大国町でこの値段なわけですから。

No title

U。・ェ・。Uノ~コンバンワ
私の大好きなへしことなめろうがありますね(≧▽≦)ノ
それだけでご機嫌ですのに、このお値段は素晴らしいです
その上、自分でちろりで温める事が出来るなんて、
とっても楽しそうですね

No title

びびりさま。
呑兵衛は半分子どもなのか、またはこだわりが強い人と褒めるのがいいのか、自分で温めるとか自分で注ぐとか、楽しんでやりますよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ