FC2ブログ

記事一覧

鎌倉 寒い日はいさむで熱燗を

昨日は1軒だけの紹介にしては画像が多くて記事が長くなりました。
今日と明日とは短くいきます(笑)。
この日は日曜で、鎌倉をパトロール。
かなり日が長くなって5時でもまだ明るいね。
いつも前を撮る[でんがく屋]は今日も貸し切りのようで、おや日曜に開いてると思った[フライパン]は休みか…。
[肴と酒の店いさむ]
イメージ 1
ちょうど暗い路地を歩いていたときに前を母と幼い娘が二人、歩いていた。
店の前で立ち止まり、自分に追い越させるのは、子どもがキックボードに乗るためか、後ろから男がついて来るのを危険と感じたか。
「すいません」と言う母に合わせて幼い声が「すいません」。
いいえ~と答えて入店。
ここに入って母は安心したことでしょう。
さすが日曜、お客が多く楽しんでいた。
奥のL字の短いカウンターに着席し
イメージ 2
これを眺めてから、手の空いたところを見計らってお酒発注。
イメージ 3
司牡丹 (高知)・お通し
今日のお通しは長芋の千切り。
さて、お通しを終える頃、今日は干物を。
イメージ 4
地アジ干物
昔は、(今でも家では)裏返したが、最近は皮目のまま掘り下げていただく。
イメージ 5
で半分食べ終え…
イメージ 6
残った中落ち。
桂さんがニッコリするので、
OKマークで返事。
この席は厨房がよく見えるんですが、いつも蒸し器を置くコンロにふろふき大根の大鍋が置いてあったので、今日はないかなと思ったら、どなたかが頼まれたので便乗。
蒸し器は一度が便利ですからね。
イメージ 7
はすとひき肉の蒸し物
これが食べられるのは寒いうちだけ。
そしてこれが来るとみんなが注目する。今日も角のところの、今日初めて来たカップルの男性が「あれなんだろ」というのでメニューを指さして示した。
このカップルが「大船ならちゃんこ鍋あるんじゃないかな」と言うので、帰り際ひとつお教えした。
新しく男性が来たので、ここを譲ろう。
司牡丹 550円×3
お通し 300円
地アジ干物 650円
はすとひき肉の蒸し物 650円
計 3250円
ごちそうさまでした


[肴と酒の店いさむ]
鎌倉市小町2-3-9
平日16:30~21:30
土日祝16:00~21:00
曜休
スポンサーサイト



コメント

No title

おん蔵さま。
ありがとうございます。
前世は猫だったんでしょうね。王子の猫。

No title

はすとひき肉の蒸し物…やはりこれを熱燗に合わせてまったりしたいものです。

No title

ノブさま。
まだまだ熱燗ですね。
特に今日からまた寒の戻りらしいので、そりゃあ一も二もなく燗ですよね。

No title

一度行くことが有れば、いや、その昔に一度行っているのでもう一度行くことが出来たら、この挽肉と蓮の蒸し物を味わってみたいです。茶女はどうしていますかね。

No title

この蒸し物は本当に美味しそうですねぇ。
前から食べてみたいと思っています。
大船でちゃんこ、あははは。
あるでしょうね。

No title

アジもここまで食い尽くされると本望かな。
昨日の夕方、東神奈川でお見かけしたのは見間違いかなぁ。

No title

蒸し物美味しそう。
どんな味か想像出来るような出来ないような~

No title

やまぴょんさま。
期間限定なので、冬から春にお越しください。
あっち方向には全く足が伺わないんですよ。なんでだろう。

No title

ぶらくり佐藤さま。
はい、だるまやをあげました。
それ以外にあるかなぁ。

No title

ypさま。
見間違いです(笑)。
昨日は桜木町が北限でした。
現在東神奈川って遠いんですよね。まあ、今は仲木戸経由ですが。

No title

小太郎さま。
相方さんのお好きな人はいなくなりましたが、ぜひまた鎌倉にお越しください。

No title

( ノ゚Д゚)こんにちわん♪
道を譲られた親子さん、子供さんも
すみませんって可愛くて、微笑ましいですね♡
こちらの記事を拝見致しますと
寒いうちに伺いたくなってしまいます(´▽`*)

No title

アテが良いです!肴の骨っ子が客人のレベルを語ります。作法が完璧な酔人であり、粋人、まさに粋人!渋い大人のひととき!

No title

こんにちは。
はすとひき肉の蒸し物はずっしりと重そうで、食べ応えがありそうだなぁといつも思います。年中あるメニューだというイメージでしたが、寒い時期だけなのですね~。

No title

びびりさま。
ご承知のように鎌倉の夜は人通りのないところは真っ暗ですからね。
挨拶の声かけで相手を判断する、子連れの必須ですね。
はい、冬に発揮します。

No title

番犬隊長さま。
過分なお褒めの言葉ありがとうございます。
魚を食べ散らかすとか、お碗にごはん粒が残るとかを好まない世代です。

No title

浜雪さま。
それがそんなに重くないんですよ。
ものは試し、鎌倉に梅を探しにいらっしゃっての実食を。
夏は豚肉と大葉を一緒に焼いたのが出たりします。

No title

15:37のナイショさま。
ぜひ掘り下げ方式を(笑)。

この蒸し物は例えれば、肉そぼろの塊を食べているけど、はすのサクサク感もありって感じで…伝わります?
食えばわかる(笑)。

No title

こんばんはおお干物を綺麗に
私も魚の食べ方には自信がありますよ
はすとひき肉の蒸し物はご馳走って感じがします

No title

PRIDEOFKANSAIさま。
いのちを頂いているので、丁寧に食べようと思っております。
まあ、飲みながらなので時間もゆっくりありますからね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ