FC2ブログ

記事一覧

新子安 諸星酒場は外せないんです

さて[きしや]で美味満喫、戦前の無産漫画の金満ブルジョワ社長のような格好でむかったのはこちら。
あ、今のたとえは腹が張っているという意味です。(笑)
[きしや]から駅に向かうとあるんですもん、と言いわけしましょうか。
いやいや、新子安は浅野学園と[諸星]のためにある、とまで思う自分は、こののれんを見て通り過ぎるわけにはいかんのです。
[鳥笹][甘粕][秋葉]は外せても、ここは無理というもの。
[諸星酒場]
イメージ 1
ガラリと開けて長テーブルの真ん中辺り、壁に向かって座る。
平日の8時以降なためか、人は多くない。
イメージ 2
バイス
こことか[浜とん]とかに行くと、バイスが欲しくなる。
去年だったか一昨年だったか、有料になったお通しは今日は糸コンと肉の炊いたの。これは好き。
であっさりいって様子を見ようと頼んだのは
イメージ 3
冷奴
いい立ち上がりと思ったし
イメージ 4
こういう短冊を見ると
イメージ 5
まるで七夕の願い事のように見え
イメージ 6
屋守 純米中取り無調整生酒 (東京)
おくのかみ、と読む。
東村山の酒蔵。金婚正宗で知られるか。
この蔵は1596年に東京神田で一杯呑み屋を始めた豊島屋がルーツ。その酒屋は今も現存する。鳩サブレとは無関係。
400年前にいわゆる角打ちのような感じで安く飲ませたのだから、居酒屋・角打ちのルーツだね。
旨い!目が覚める(寝てませんよ。修辞ね)。
鋭くして甘味ありあとから辛味もついて来る。

が、いい立ち上がりと思ったのはそこまでで、お酒は入るのにつまみがもう入らず(以下画像汚いです)
イメージ 7
この辺で断念かと思いました。(21:04)
が、それでもベルトを緩めて少しずつ
イメージ 8
糸コン完食(21:09)…
イメージ 9
冷奴、ほぼ完食(21:16)。
う~ん、ここでギリギリでした。わずかに残してしまった。
それでも何とか体裁は保て、無事お勘定をする次第です。
バイスサワー 380円
屋守 600円
お通し 100円
冷奴 160円
外税 90円
計 1330円
ごちそうさまでした

[諸星酒場]
浜市神奈川区子安通3-289
17:00~22:00LO
土日祝休
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようさぎ🐰
はい、よく頑張りました(○´艸`)
大食いの秘訣は間をあけずに
食べ続ける事です!(笑)
新子安は週末に伺う事が多いので
諸星さんに寄れてないのです

No title

おはようございます。
きしやさんで〆まででしたから、ここでは冷奴を完食なさるのに閉店時間ギリギリまでかかるかなぁと思いましたが・・・(笑)、頑張られましたね(๑˃̵ᴗ˂̵)

No title

ご立派な食欲です。
糸こんにゃくの方は豚肉でしたか?

No title

前のお店で玉子を控えれば良かった。
のかな?( ゚д゚)

No title

のぶさま。
並んでいれば逃れられますね。
いや無意識に並んで立ち寝か?(笑)

No title

mojitoさま。
店からすると、まったく儲けのない客であります(笑)。

No title

ぽちぽちさま。
いや~粋なんてものじゃあなく、お腹パンパンなんですから。よく一升瓶返しに行けたなあ。

No title

フロサーファーいぬさま。
この2軒ハシゴはどちらを先にすべきかいつも悩んじゃいます。

No title

やまぴょんさま。
はい、目も回しております(笑)。

No title

おん蔵さま。
角打ちなら呑みだけで帰れるんですがねえ。

No title

ノブさま。
全くですねえ。アラ還ですからね。
月に休肝日が半分になったらこうなった次第で、面目ない。

No title

びびりさま。
ぜひ週末にいかずにはしごを!
週末なら鳥笹・甘粕屋もありますよ。

No title

浜雪さま。
それはさすがに怒られますね(笑)。
ここは以前は緊張する店だったので、今でも多少びくびくしています。

No title

ぶらくり佐藤さま、
たぶん牛ミンチだったようにおぼろげに記憶しております。

No title

小太郎さま。
そうなんですよね。
次回は考えなくちゃ(笑)。

No title

こんばんは、冷奴のボリュームが結構あるように
糸コンとお肉の炊いたんはご飯にもありですねえ

No title

15:36のナイショさま。
鶯谷にはズバリ関所という名前のお店があります。
まあ、そこで行き止まりなので入るしかないんですが(笑)。
必ず一品ツマミを頼んで、という店もありますよね。

No title

PRIDEOFKANSAIさま。
酒のツマミはことごとく、ご飯のおかずですよね。

No title

王子の狐さんはご常連ですね!

No title

紺青の海さま。
いや、それは本当のご常連さんに恐縮ですから、顔を覚えてくれている、ぐらいです。
でも一見も馴染みもほぼ同じ対応なのが、ここの良さです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ