FC2ブログ

記事一覧

鶯谷 鍵屋で煮奴を正一合と

最近は休みの日もめっきり外出することなく、というのも雨の日が多いので、この「池袋~鶯谷」の書庫も開店休業(笑)。
それでも「誕生日祝いしてやるから出てこい」と言われましたので(その記事は日曜日)、出かけたその帰り。
こちらに寄りまして。
というのも久しぶりなもので。
[鍵屋]
イメージ 1
相変わらず佇まいがいい。
東京居酒屋の至宝。
もし自分に息子がいて、もし自分になついていたら(笑)、二十歳になったら連れていき、酒場の作法を伝授したい、そんな店だ。
まあ「親父の作法って、べろんべろんになるまではしごすることかい」と言われそうだが。
臆することなく、入ればいい。
ただし女性は男性と一緒なら入れるしきたり。
ガラリ。
まだ小上がりには席は残っていたか、カウンターは1つ空いていた。
奥から三番目。酒燗器の前だ。
荷物は入って右に下駄箱風の棚があってそこに置く。
この日はそこがいっぱいだったので、店の若い衆が預かってくれた。
イメージ 2
前に見たときはまだきれいな木だったが色合いがついてきたな。
いやそうなるぐらいの久しぶりというわけか。
玉子焼きは土曜限定、湯どうふ煮凝りは秋冬季限定。
この9月中旬は秋なのかなあ。
イメージ 3
お通しは煮豆からところてんに代わっていた。
[根岸家]のようだ。
もし、この店が内税なら100円ばかし、外税なら数十円というところだろう。
この辺はよくわかっていない。
ぴあの『東京名酒場100』なんぞを見ると「内税・お通し無料」となってはいるのだが。
イメージ 4
お酒は注文を受けてからこの酒燗器でつける。
イメージ 5
櫻正宗
酒は大関・菊正宗・櫻正宗の3種。
大体あちこちにない櫻正宗を頼む。
櫻正宗って知られてないかも知らないが「宮水の発見・正宗の元祖・協会1号酵母発祥」という3冠王のような、寛永2年創業の400年続く蔵なのだ。
と自分が威張る必要もないが(笑)。
これが正1合の徳利の大きさ。

湯豆腐がなくてもこれは1年じゅうあるのでありがたいのが
イメージ 6
煮奴
豆腐一丁、この日は玉ねぎ、砂肝などが入ったお得なもの。
イメージ 7
箱に入ったネギと七味を渡され
イメージ 8
鍋に投入。前はゴボウが入っていた。この日はなかったかなあ。
イメージ 9
鍋の右上に見えるのが砂肝。いい出汁でます。
これを蓮華でいただきつつ、ちびりちびり。
長居をせず、さっと移動するのも作法かな。
櫻正宗 530円
お通し 110円?
煮奴 610円
計 1250円
ごちそうさまでした

[鍵屋]
台東区根岸3-6-23-18
17:00~21:00
日祝休
スポンサーサイト



コメント

No title

自分は、もう何年も訪ねていません。
ご亭主、お元気でしたか?
ここのくりから焼きには目がないんです。
食べに行きたいなぁ。

No title

こちらはまたプライベート?でも行ってみたいですね~

No title

最近は大した取材もせずネット情報で雑誌作ることもあるんでしょうね。
やっぱりブロガーの記事の方が正確だし楽しい。

No title

煮奴がたまりませんね〜これだけで徳利2つはいけそう、私は行ったことがないのでジェイクが飲めるようになったら二人で行ってみたいです〜(^o^)丿

No title

名店中の名店、素晴らしいです。チロリアン系燗酒、素敵です。

No title

お前が二十歳になったらぁ🎵って
川島英五の唄を思い出しました❗

No title

ぶらくり佐藤さま。
はい、ご亭主奥さん共々お元気そうでしたよ。
ぜひまた、こちらに伺うためにだけ京浜東北線乗ってください。

No title

小太郎さま。
小上がりとカウンターではまた印象が違うでしょうから、プライベートでもどうぞ。

No title

ypさま。
多いと思いますよ。
学校のパンフレットだけで訪問記書く雑誌もある、と呆れている先生もいました(笑)。

No title

猿吉君ビールはジュース!!さま。
ジェイクくんと一緒!おおそれは良いですよ。
居酒屋の流儀、伝えてあげてください。

No title

フロサーファーいぬさま。
こういうので燗つけられると、ひと味あがりますね。
店の佇まいでまたひと味あがる。

No title

ぽちぽちさま。
川島の歌はどれも独酌に似合いますよね。

No title

こんにちは。
カウンターの木も、木製のメニューや薬味入れも、味がありますね。
あの酒燗器はずっと眺めていても飽きず、お酒のアテにもなりそうです。

No title

浜雪さま。
味があるのでアテになるのかな(笑)。
ポスターやホーロー看板などでレトロチックにした店は興味が持てないし、こういう本物の老舗とは底の深さが違いますね。

No title

お久しぶりです。
櫻正宗は正宗発祥の蔵なんですよ。
櫻正宗が美味しいので
皆それにあやかろうと〇〇正宗としたらしいです。(櫻正宗の営業さんに聞いた話)
〇〇銀座と同じですね。
こうめっきり肌寒くなると温かい物が良いですね。

No title

お見事!鍵屋さん、未訪なんですよ、何時か何時かと思いつつこの歳になっちゃいました(>_<)

No title

こんばんは、もう煮奴がいい季節になって来ましたねえ湯豆腐も好きですがこの煮奴もいい感じでここに卵を落として半熟状態で食べたいです

No title

呑み酒士さま。
はい、本文に書きましたように、前から存じでおります。
宮水の発見とともに、自分は菊正宗で学んだのかな。
白洋舍と似た名前があるようなものですよね。

No title

ノブさま。
まだ俺のような若造は…と思っているうちにふさわしい年齢に我々なっておりますので、ぜひノブさんにも行って欲しいです。

No title

PRIDEOFKANSAIさま。
わたしはこの鍋に細いうどんを入れて、飴色になるまで煮込んで食べたいですね。
ほら、すき焼きにうどんを入れる要領で。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ