FC2ブログ

記事一覧

五代目宝井琴鶴襲名真打昇進襲名披露@椿山荘

小雨混じりの1014日、江戸川橋の椿山荘で、講談師の宝井琴柑さんが真打に昇進し、五代目宝井琴鶴を襲名、その披露宴が行われた。

 1_20191017041214b0b.jpg

今日はその模様をおおざっぱに紹介。

一応、応援ブログですからね。

披露宴は結婚のと同じように受付で名前を書き、ご祝儀を渡す。

時間になると新真打と師匠が参加者を迎え入れる。

琴鶴先生が「この紋付よ」と言う。

 2_20191017041216f7a.jpg

今日の参加者は380人以上。しかし、名簿では落語家は1人、講談も30人であとのほとんどは肩書がないのでわからない。素人の講談修羅場塾もやっているので、その教え子さんも多くいるようだ。

先代の琴鶴は当代の師匠の師匠6代目馬琴が名乗っていた。

琴星先生曰く「琴鶴と琴鶴の間に挟まれた」。

3_20191017041217cbc.jpg 

 4_201910170412208ee.jpg

 5_20191017041220383.jpg

ここで料理を紹介しよう(食べ物ブログなもんで)。

「仏蘭西会席」となっているが、お造りもある。

6_2019101704122184b.jpg 

さて、かっぽれ踊りの連が入ってきたあと、まずは師匠の宝井琴星先生が入場。

7_20191017041223f76.jpg 

続いて宝井琴鶴先生が入場。

8_20191017041224aef.jpg 

9_20191017041227e2f.jpg 

初めの祝辞は人間国宝一龍齋貞水先生。

あ、念のために言うと落語家は真打で「師匠」。講談は「先生」。ここ間違えないように。

10_20191017041227020.jpg 

鏡割りは大人数で。

11_20191017041229cf8.jpg 

この樽酒がふるまわれなかったので、空樽かな(笑)。

ウエイティングドリンクはグレープジュースだったが、白ワインを頂いた後、日本酒に。

司会のアナウンスでは奈良萬の純吟があるようなことを言っていたが、来たのはこちら。

 12_2019101704123064b.jpg

これも喜多方の蔵だ。

仲間の隣席が、紋付を贈ったんだね、と言うのでなぜ?と聞くと外に名前が出ていた、という。

 13_20191017041232667.jpg

今日着用のものは他の人の名前もあり、今日身に付けていないものは飾っていた

14_20191017041233e91.jpg 

 15_201910170412352e3.jpg

今日ご出席の和泉雅子さんの名前もある。

さて、あとは来賓の挨拶、踊りや演奏などもあるが、その間は食事をしながら歓談するのも普通の披露宴と同じだ。

途中で各テーブルを回って記念撮影なども同じ。

 16_20191017041236f6a.jpg

前菜 柿利休膾・鮭温錦糸巻・子持ち昆布・石垣むかご・帆立貝アボガドタルタル豆乳パンのカナッペ・松笠南京・合鴨ロース・無花果田楽・黒豆松葉

 

まことに日本酒に合う。

一度だけ奈良萬の純吟が来たがやはり旨かった。

 17_201910170412378af.jpg

マッシュルームスープ

 18_20191017041239ab6.jpg

お造り 鮪角造り・車海老湯引き・鯛へぎ造り

 19_201910170413088f4.jpg

煮物 公孫樹蕪・鱈子昆布巻き・花鱈子・絹さや

 20_20191017041309284.jpg

肉料理 国産牛フィレステーキ・ブロッコリー・紅葉人参・エリンギ・クレソン

 21_201910170413111fc.jpg

温物 百合根饅頭・揚げ麩

 22_20191017041312379.jpg

赤出汁・香の物・赤飯

 23_20191017041314f52.jpg

デザート メロン・パイナップル・巨峰

後半、もう日本酒が切れたという。高齢の男性が多いからそうなるのか。残念(笑)。

そして普通の結婚式と違うのは本人がスピーチすること。

いや、今の結婚式は知りませんよ。そもそもうちは挙げてないし。

 24_20191017041315081.jpg

そしてまたお見送りをして散会。

25_20191017041317ef2.jpg 

長話の人がいて、自分は目礼ですます。

胃が悪いと言っているのに、仲間が二人、池袋で呑むか横浜で呑むか、となって、[千登利]を紹介するが、この日は定休。

そこでこちらに。

[清瀧 池袋西口店]

26_201910170413199e2.jpg 

まあここで鯨飲馬食の仲間入りをしたのでした。

ごちそうさまでした

27_2019101704132094e.jpg 

かえって紙袋の中を見る。

 28_201910170413214ff.jpg

口上書き・扇子・手ぬぐいは3点セット

 29_20191017041323811.jpg

こういうのも結婚のと似ているのかな。食べ物だ。

 

前座の琴柑ちゃんの頃から応援をしていた一人として、なんだか感慨深い日だった。

これからも芸道精進してますます活躍されることを!

 

スポンサーサイト



コメント

No title

結婚式以外の披露宴って行った事がないです。
でもほんと結婚式のようですね♪
王子の狐はやはり落語からでしたか(^^)/

Re: ARIAさま。

結婚式のマニュアルを、流用するのでしょうね。

はい、人間を騙そうとして人間に騙される、そんな狐のお噺からとりました。

講談師の襲名披露もものすごくご立派。それに参加される狐さんの存在も凄いや!

Re: ぽよんさま。

数人同時昇進の落語家の披露宴と違って、全員わたしの応援団だ、と思うと、胸にくるものがありますよね。
あ。わたしは凄くないのよ(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ