FC2ブログ

記事一覧

野毛 てづかで子持ち鮎の甘露煮を頂いた夜

これはどこか寄らず1軒目として日ノ出町駅から目指した日曜日。

てづか

1_20191210052353ae0.jpg 

下でタバコを吸っている女性はお客さんでしたか。

左側にカップルと言うよりアベックといった感じのお客さん。

右側は34人だったような。

その真ん中にでんと座るのはピン呑みのオヤジ。はい自分。

 2_20191210052400a8e.jpg

お通し

今日は茹で落花生とキンピラの玉子焼き。

このたまご焼きの卵の部分が独特の味付けだった。

ボトルを取ってもらい

 3_201912100523579ca.jpg

こく紫ロック

まあ今日でボトルが空く量だったので、ボトル入れ替え呑みというところで。

特に右の方々はよく飲み食いされる。何か揚げ物をマスターが作っていた。

 4_2019121005235964b.jpg

おやあれがあるぞと見たり。

 5_20191210052402046.jpg

正面に関しては上の方を見たり。

やがて自分の頼む番が来た感じで

 6_201912100524035b8.jpg

子持ち鮎甘露煮

 7_201912100524036c7.jpg

ほら、身の部分がほとんどないように感じるくらいの卵。

こんなに卵を持った鮎を食べて、絶滅しちゃわないかと心配になるが、美味しいので頼みたくなる。

骨はむろんのこと。頭までかじれる柔らかさ。

あとはロックでやりながら、隣りのお姉さんとマスターの会話に参加などして。

 8_20191210052404d62.jpg

南瓜の天ぷら

ここは「かぼちゃ」ではなく「なんきん」と呼ぶのは京料理での修行の名残か。

これがほくほくで実に美味。

旨いものを食べたり、くつろいで会話したりしていると、お酒がすすむ。

 9_20191210052405782.jpg

こく紫

新旧ボトル交換の儀を滞りなくとりおこないまして、もう少し呑んだら帰りましょう。

 

こく紫 3500

氷 500

お通し 500

子持ち鮎甘露煮 800

南瓜の天ぷら 400

はてな 100

計 5800

ごちそうさまでした

 

 

[てづか]

横浜市中区宮川町2-16 藤井ビル2F

045-242-7763

火~土1800200

日・祝17002200

月曜休

禁煙

スポンサーサイト



コメント

子持ち鮎の甘露煮 美味しいですよね。
この時期 自分も待ちかねていただいています。
ああ、また行きたくなったなぁ。
年内に行くのは、ちょっと無理かなぁ。

鮎がなんとも美味しそうですね〜これを食べにこちらのお店へ行ってみたいです〜(^o^)丿

子持ち鮎甘露煮ときましたか、これをアテに一杯って堪りませんね。

Re: ぶらくり佐藤さま。

これはなかなかいいものでした。
いい熱燗などでやるといいんですが、そこが唯一のてづかの欠点(笑)。
自分は年内もう一度は行きたいな、とも思っているのですが、どうなるかな。

Re: sarukitikunさま。

野毛で美味しいものを食べるならてづか、そうおっしゃる地元の同業者もいますので、ぜひ一度どうぞ。

Re: ノブさま。

若い頃は鮎屋の鮎の昆布巻きを愛しましたが、そんな美味しさがありました。堪らんです。

こんにちは。
あんなに卵が詰まって〜(^^) 鮎の甘露煮の写真がものすごく美味しそうですね!
あらためて店内の写真を拝見すると、こんなに多くのお料理メニューがあったんだなぁと思いました(^^;; 主に大将おすすめのメニューを注文していたので気がつかなかったです。

Re: 浜雪さま。

いつもオススメの刺身をいうので、それに従わないと淡くムッとしますからね(笑)。
でもそこを外して頼みたいものを頼む楽しみがありますので、次回はそんな感じで^_^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ