FC2ブログ

記事一覧

辻堂 地酒BARなぶら、6年目のサヨナラ

一時期、いろいろ新規開拓したこの駅だが、今は数軒が残った。それはいろいろ開拓した王子でも町田でも上大岡でも同じことだ。

その数軒がなくなると頻度は減ってしまうのか。この駅もそうなるのか、そんな気がする。

もちろんこれは当方の年齢によるもので、これから3040代という人にはまた違った展開があるのかもしれないが。

その頻度は減ったがこの辻堂駅を訪れることの理由の一つであったのが、この店だ。

[地酒BARなぶら]

 1_20200527014404c91.jpg

数日前のことにさかのぼる。

たまにこの店のFacebookを見ている。以前に見たときは現在閉店中で、1階のみ営業、テイクアウト始めたそんなことが載っていた。

ところがある日「15日から23日まで16時から20時まで営業。それを以て閉店」そんな投稿が載っていたのだ。麻奈美さんは何か別の事業を始めるらしかったのだ。

これを読んだのが16日の深夜だと思ってほしい。

雨模様ということもあって、1516日を家でゴロゴロ過ごしていた自分。あちゃ~。もっと早く見ていればよかった。

それでもまだ日程はある。

自分の休みとしては最終日の23日に行ける、そうわかって、そして今日店の前に立った。

 2_20200527014405e13.jpg

これを撮っていると自転車のブレーキ音が聞こえ、おっと道をよけなければ、と横を見るとそこには笑顔の麻奈美さんがいた。

「もう今日でおしまいなのよ~」

 3_202005270144083f2.jpg

「今日は常連さんがいっぱい来るはず」の言葉に、ああ自分はセミ常連(そんなことはなかろう・笑)なんだなと思い知らされたことであった。最近はセミでさえなくなっていたけれども。

 4_202005270144090cb.jpg

営業時間まで間があるので、改装中のはずの[はなれ]を見に行くと、そこははなれではなく、新しく串焼きの店になる準備をしていた。親会社の新規展開か。

ああ自分の好きだった[はなれ]もなくなったのか。もうあのマスターの作る抹茶ハイや玉子焼きも食べられなくなったな、と寂寞の思いで店に戻った。

 5_20200527014410bf9.jpg

店には久しぶりに来た、という同年輩かな、の女性がひとり。

いつものカウンターの端をいただく。

やがて若いカップルやピンの男性たちが続々と現れる。

自分と違って、みなさんお互いを知っていて、これがコアな常連さんなんだなと思う。

ビールをピッチャーで頼んで呑んでいる人もいる。

かなり酒は品切れで

 6_20200527014411eda.jpg

ほら裏面などは全品「SOLD OUT」だ。

 7_20200527014413193.jpg

今日は黒板からも頼もう。

 8_20200527014414bbe.jpg

まずは

 9_20200527014415f13.jpg

せっかく篠峯が2種類あるので呑みくらべてみよう。

 10_202005270144200b4.jpg

篠峯・凛々 純米吟醸無濾過生原酒 (奈良)

篠峯・ろくまる 純米吟醸無濾過生原酒 (奈良)

 11_20200527014419e54.jpg

自分としては60mlを頼んだつもりはなかったが、呑み比べということでこうしてくれたらしい。

右のピンクがストロベリー、左の緑はキュウリ、そんな味わい。

え?ラベルの色での判断だろうって。そうかもしれん。

 12_20200527014420ee4.jpg

何年か前茅ヶ崎の酒屋で作ったオリジナルラベルの瓶。最後まで飾ってくれていたんだな。

 13_20200527014421e67.jpg

お通し

ミズダコをボイルにしてからの酢の物。

ひと手間かけてますな。

 14_20200527014423201.jpg

いかうにかに味噌和え

黒板はいわゆる珍味コース。

続いて

 15_202005270144249b1.jpg

これはあと少しということで、60mlしかもらえなかった。

 16_202005270144266a5.jpg

花陽浴 純米吟醸無濾過生原酒 (埼玉)

無濾過でうすにごり。ピリ辛かつまろやか。

 17_202005270144287db.jpg

こんなのを眺めて呑んだり

 18_20200527014429c30.jpg

こんなのを眺めて来たが、今日で終わりかあ。

まあ麻奈美さんは下の店にたまに出るそうだから、[茶女]の春華さんが辞めたときよりかはショックが和らぐけど。この店が好きだったんだ。

 19_20200527015030beb.jpg

刺身盛り合わせ

ヒラマサ・真鯛・サーモン

相変わらず新鮮だ。

ここでのつまみのかなりは下からのものなので、下の[なぶら]に来ればいいのだが。

 20_2020052701503277a.jpg

今日はリストにある酒を呑み尽くすつもりで

 21_202005270150367bb.jpg

菊姫 吟醸あらばしり (石川)

裏貼りにあるように菊姫は「濃醇旨口」。

しかしあらばしりということもあって、菊姫らしい濃さはない感じがした。

その分一般受けはするのかもしれないが、個性的だったお酒が懐かしい。

 

この店の黒板に欠かせない逸品はピザだ。

発注すると、一旦受けながしたが伝票に書く段になって

「きょうは塩辛?」

「うん最後だから」

いつもはプレーンだったのだ。

 22_202005270150367f8.jpg

こんな感じ。

 23_20200527015037830.jpg

塩辛ピザ

ボリュームあるのだ。

そしてピザなどのチーズは日本酒にも合うのだ。発酵食品同士だもんね。

 24_202005270150383f0.jpg

塩辛だから七味を添えるのか。使ってみよう。

 25_2020052701504148f.jpg

うん、これもありだった。

 26_20200527015041183.jpg

最後はこれで呑み納め。

 27_20200527015043b73.jpg

大治郎・よび酒 純米生酒 (滋賀)

こってりした酒で、こういうのは好きだな。

 

さて長居は無粋。この辺で上がろう。

深々とお礼をする麻奈美さんに「今日は階段の下まで送らなくていいから」と行って別れた。

 

篠峯凛々 330

篠峯ろくまる 330

花陽浴 500

菊姫 780

大治郎 580

お通し 250

いかうにかに味噌 480

刺身盛り合わせ 790円(仮)

塩辛ピザ 780

外税 480

計 5300

ごちそうさまでした

 

 28_20200527015044cf1.jpg

辻堂で行く店で、一軒だけ残ったのが今は休業中の[信濃屋]。

店ののぼりが、医療従事者への感謝ののぼりを作っているのが素敵だ。

 

 

[地酒BAR なぶら]

藤沢市辻堂2-2-29 2

0466-34-7917

1900~翌100

日曜休

禁煙

https://www.facebook.com/jizakebarnabura.tsujido?ref=py_c

スポンサーサイト



コメント

長く通った店が閉めるのは仕方のないことですが、寂しいですよね。
その店がなくなると、その場所へ行く理由がなくなっちまったようで、気が付けば浦島太郎です。

No title

こればっかりは致し方なしですが寂しいもんですよね…
あまりこういう気分にはならないことを祈るしかないですね…

薄利でやっている飲食店はコロナでみんなやられてしまってますよね、とても残念です(T_T)

No title

さよならはいつかやってくるもの。
でも、お気に入りのお店は悲しいですね。
信濃屋さんの応援のぼりは粋ですなぁ。

No title

茶女を思い出しました。
あの雰囲気良かった(-_-;)

No title

おはようございます。
閉店なさるのはとても残念ですね。
新規事業は飲食業ではないのかしら!? そちらの成功もお祈りいたします(^^)

Re: ぶらくり佐藤さま。

自分も店がなくなって行かなくなった町がいくつかあります。
そうなりますよね。
逆に、行きたい店はあるのに、足が遠のいているところもあったりします。

Re: ノブさま。

当方側の飲酒能力もあとわずかなんで、それまでは今通っている店たちにあってほしい。と都合のいいことを考えています。

Re: sarukitikunさま。

ここはコロナ禍ではないんですが、第2波が来るまでせっせとお金を落として行きたいですね。

Re: やまぽよんさま。

辻堂にきたら、はなれ、信濃屋、なぶらのはしごが好きでした。
信濃屋、再開してもおでん客が少なくなる時期なので、辛いでしょうねぇ。

Re: 小太郎さま。

茶女とテンスケ、相方さんも愛してくださいましたよねぇ。

Re: 浜雪さま。

多分違うところだと思いますが、マラソンの体力と笑顔、これで新しいところでも活躍なさるのだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ