FC2ブログ

記事一覧

大船 球磨焼酎の専門バル、めからうろこで飲みくらべてみた

2軒目を求めて大船を歩いていると…

あまり通らないエリアですが、そんなお店が数年前にできていたようなことはかすかに認識していた。

 [球磨焼酎バル めからうろこ]

1_20200622005035dbc.jpg 

この小窓が雰囲気いい感じ。

 2_20200622005035a12.jpg

球磨焼酎の専門バル。

くまもんは知っていても球磨焼酎はよく知らないので、お勉強がてら入ってみますか。

 3_20200622005037012.jpg

戸を開けると、細長いカウンター。これは店の奥の方で折れ曲がっているのでL字カウンターと分かる。

お客は自分だけだった。時期なのか時間なのかはたまた人気がないのか、そんな感じで、勧められるまま、店主の前に座った。

 4_20200622005040fb5.jpg

メニューの表紙に球磨焼酎について。

28蔵を揃えるって大変じゃないの。

なるほど店名は店主が球磨焼酎に出会って目からうろこが落ちたからか。はたまた我々の目からうろこを落とさせるためか。

 5_20200622005040c1e.jpg

球磨焼酎のメニューには常圧蒸留と減圧蒸留の色分けが。

今調べると本格焼酎は単式蒸留、甲類焼酎は連続式蒸留で作られる。

その単式蒸留のうち、90100℃の沸点で蒸発させる常圧焼酎と4050℃の沸点で蒸留させる減圧蒸留がある。前者は原料の風味をよく引き出し、後者は口当たり軽やかとなるという。

ものによっては「しっかりとスッキリ」と対比している。

一番古いものから行こうと思うが、この酒名、いささか「そのまんま」じゃないですか。あるときから最古になったわけで、いつからこう名乗って酒銘にしているのか。

気になるでしょ? 調べましたよ。

蔵は1804年創業なのだが、「相良藩当主から焼酎永代入立御免(ショウチュウ エイダイ イリタチゴメン)「永代にわたり造って良いという許可書」を頂いてから200余年が経ちました。これを記念するとともに、現代までに培った歴史と技をもとに特別な焼酎を造りたく挑戦しております」ということだ。

 6_20200622005042704.jpg

最古蔵 球磨焼酎 (熊本)

ロックで頼むと、氷の入ったグラスに焼酎を入れ、店主がゆっくりゆっくりとグラスの中をかき交ぜた。

この一種の儀式めいた感じが、球磨焼酎を愛している感じに思えた。

こちらか軽やかだね。

 7_20200622005043e61.jpg

お通し

しらすおろしだ。

呑むうえでおろしがお通しに出るのはまことに理に適っている。

 8_20200622005046c4c.jpg

つぎはこちらを。

 9_20200622005046021.jpg

武者返し 球磨焼酎 (熊本)

濃厚でうまいわ、これ。

実は常圧と減圧についてはこの記事を書くにあたって調べたことで、店を訪問した時はその違いがわからなかった。だから、軽いとか濃厚とかはその時の感想で、頭で感じた印象ではない。

それでも、それが当たっていたということにほっとするとともに、なるほどこうして飲みくらべてみると米焼酎にもいろいろあるもんだな、と思った次第。

 10_20200622005047c5d.jpg

自分のすぐ左の壁に黒板。メニューは酒だけのもので、フードメニューはこれのようだ。

この辺りから一人また一人とお客さんが増えて来た。

 11_20200622005049935.jpg

つまり入った時の感想のうち「人気がない」はいい意味で裏切られ、時間の関係だったとわかる。

 12_202006220050505dd.jpg

馬肉とじねんじょの山かけ

他の人が頼んでいて、なかなかの馬肉の多さに頼んでみた次第。

やまかけはかきまぜてナンボ。

 13_20200622005051ceb.jpg

熊本の醤油を使ってみてくださいと渡された。

甘い醤油だ。

 14_20200622005053204.jpg

ほら馬肉がこんなにたっぷり。

そしてそれらが球磨焼酎に合う。

 

ここもまた新規開拓でいい店だった。

同じ蔵ので常圧と減圧があるようだから、今度はそれを呑みくらべてみようかな、そう思った。

 

最古蔵 700

武者返し 500

お通し 300

馬肉とじねんじょの山かけ 950

外税 260

計 2860円  

ごちそうさまでした

 

 

[球磨焼酎バル めからうろこ]

神奈川県鎌倉市大船1-15-17

0467-42-2018

17302330

火曜休

https://ja-jp.facebook.com/kuma.mekarauroko

 

 

参考文献

球磨焼酎酒造組合http://jp.kumashochu.or.jp/page0105.html

https://www.hamadasyuzou.co.jp/denbee/column/post_31.html

https://liquorpage.com/vacuum-distillation-atmospheric-distillation/

スポンサーサイト



コメント

No title

球磨焼酎初めて知りました♪
馬肉に自然薯、スタミナつきそうですね(^^)/

馬肉が美味しそうですね。
やっぱり九州は馬肉だなぁ。
これは好い店を教えていただくことができたようです。

熊本へ行きたくなりました、旅行も7月から解禁していこうかなと思ってます(^u^)

No title

そういえばここのところ乙類の焼酎を飲んだ記憶がありません…

おはようございます。
馬肉の山かけは珍しいですね。初めてみる組合せです。
馬肉の写真がすごく美味しそうですね!

熊本なら馬刺しだよなと読み進め
思わず酔っしゃ〜!
自分は今は焼酎のタイミングじゃないので、またその時期が来たら^_^

おはようございます。僕は日本酒が好きすぎて糖尿になりました。最近は甲類の糖質0を水で割って飲んでます。日本酒と同じ焼酎も奥が深いですね!長々失礼しましたブログ応援してます。

No title

甘い醤油意外と好きです(笑)

Re: Ariaさま。

はい、無駄にスタミナつきましたが(笑)、まだまだ梅雨のだるさが抜けません。

Re: ぶらくり佐藤さま。

はい、運ど運屋の並びです。
味喜で食べてここで飲む、なんて流れもできそうです。

Re: sarukitikunさま。

自分も旅行に行きたい気分がかなり募っています。

Re: ノブさま。

自分も芋は多いのですが、それ以外はなかなかです。

Re: 浜雪さま。

確かにマグロが多いですね。
しかし同じ赤色なので馬肉もありでした。

Re: 愚昧親爺さま。

酔っしゃ~いただきましたー。
焼酎気分の時にはぜひどうぞ。

Re: たけしさま。

糖尿は大変ですね。ご養生ください。
自分も最近は焼酎を割って飲むことが増えました。

Re: おん蔵さま。

醤油の世界もまた奥が深いですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

すみません。またしても操作ミス。
コメントは普通にお取扱い下さい。(汗)

Re: 22:34のナイショさま及びやまぽよんさま。

またしても正解を引き当てた感じですね。
そのストックだけて回らないような心配はワタシだけ?

ナイショコメを普通コメにはできないようですね。
ありがとうございます。
その心配は自分にもあります(笑)。

御来店ありがとうございました

御来店ありがとうございました!たまたまここにたどり着いた店主です(笑) 素晴らしいコメントありがとうございます!
そして最後にちょっとだけ訂正が、、、『宮崎』とありますが、『熊本』でございます(^^) フードメニューも実はメニューの後ろに載っておりまして、黒板メニューは日替わりの一部やオススメですので、また御来店された際には是非ご覧になってみてください(^^) またのお越しお待ちしております!

Re: めからうろこ店主さま。

あ~何ということでしょう。
店頭でくまもんを見ながら宮崎と書いてしまってますね。修正しました。
ご指摘ありがとうございます。
そしてここにたどり着いていただき、これまたありがとうございます。
また伺います! 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ