fc2ブログ

記事一覧

鎌倉 いさむは今頃あけおめの訪問です

この日は鎌倉に行く用事があり、それがおわったあとに向かったのが、まことに久しぶりのここ。

[いさむ] 

1あけおめ23いさむ 

入り口でおばさんと自分がしばし待ち、のれんを出すきよこさんが現れ、中にいざなわれる。

カウンターに桂さんがいて「あけましておめでとうございます」と言うと

「…そうなるよね」

コロナ禍が明けてはいないが世間がそう考えて、いや考えさせられて、鎌倉にひとが増えたので、、敬遠していたのもひとつ。

 2あけおめ23いさむ

いつからか、日本酒がしぼられた。

 3あけおめ23いさむ

生ビール小・お通し

さっきのおばさんが生ビールの小を頼んだので、自分もそうした。

が、500円ぐらいかと思ったら660円だった。これじゃあ40円多い普通の生中にすればよかった(苦笑)。

お通しはいつもある長芋。

 4あけおめ23いさむ

銀住吉 特別純米 (山形)

甘っ濃くてトロリと。

つまみに合う酒というより、ハンガリーのトカイワイン。貴腐日本酒(笑)。

 5あけおめ23いさむ

肉豆腐

今日はこれからもらったここの肉豆腐は牛肉だ。肉じゃがや肉豆腐は牛肉に限る、そう思っている。

 6あけおめ23いさむ

雪の茅舎 山廃純米 (秋田)

ぬる燗でもらった

 7あけおめ23いさむ

眺めていると桂さんが

「何を食べようかな、という感じですか」

「うんそうなんだけど、最近(量が)食べられなくてね」

「まだそんな歳でもないでしょう」

「いや、食べられる時もあるけど駄目な時は全くダメでね」

 8あけおめ23いさむ

とり肉の塩こうじ炒め

う~んこれはボリュームバランスとして、「とり肉とピーマンの塩こうじ炒め」と呼ぶべきだろう。

そしてこのブログをご覧の皆さんにはご存じのことだろうが、ワタシはピーマンがきらいなのだ。食の域が広がってきたといっても、シャッターは閉じるときは閉じるのである。

とはいえ、残すには多すぎる量だし…食べるしかないのだ。

そして今日はここまで。

「よいお年を、にならないようにまた来ます」

そう言ったが、さっきのおばさんに会いに久しぶりに現れた先代のママが「よいお年を」と重ねて言うのは、もう今年は来るなということ?

まあそうなるかもしれないが、気にせず次に行きましょうか。

 9あけおめ23いさむ

鎌倉のフライパンだ。

どうも中に客はいる感じだが、やっていないようだ。

ママさんが出てきたので「夜やってないのよね」というと「今は昼もやってない」とのことで、病気療養中のようだ。早くまた店が復活できることを祈りたい。

 10あけおめ23いさむ

田楽屋が前に移転したのは去年の11月で、すぐに行ったのだが、その時は弾かれて、開店おめでとうの挨拶だけをしておいた。

温かくなったらいいかなと思い、行ってみたが…

 11あけおめ23いさむ

しかし今日もダメだった。後日、本屋でこの店を詳しく紹介した文章を見つけた。そこに「要予約」とあったので、なるほどな、と思ったことだった。

さて、つぎはどこに向かったでしょう。

 

生ビール 660

銀住吉 750

雪の茅舎 750

お通し 300

肉豆腐 700

とり肉の塩こうじ炒め 750

計 3910

ごちそうさまでした

 

[肴と酒の店いさむ]

鎌倉市小町2-3-9

0467-23-1817

平日16302130

土日祝16002100

木曜休

禁煙

http://isamu.hanamizake.com/

スポンサーサイト



コメント

全体的に100円高いかなという印象でした、今の時代は仕方ないのかもですが((´ロ`)

No title

次は?
そうだなぁ。
今の茶女でも偵察に行かれましたか?

Re: sarukitikun さま。

観光地ですからねえ。
旅人も多く、さいふはちょっと緩むようです。
これでも鎌倉では安い方かな。

Re: ぽよんさま。

茶女には行っていないのです。
店のFacebookは、お店の常連の方が開いたのですが、メンバーチェンジした時は画像があがっていたので見たのですが、さあ今はどんな方がやられているのやら、です。

鎌倉でゆるりと一杯、いいっすねぇ~風流ですね(^o^ゞ

小ナマのはメニューに載っていないのですね〜。?

Re: ノブさま。

鎌倉には他の街の店とはまた違った雰囲気がありますね。

Re: 小太郎さま。

載っていないんです。
いわば「ご飯少なめ〜」のコールのようなもので。
あっ、そう考えるとお値段同じもあり得るのか。

No title

とり肉の塩麹炒めは美味しそうですね。
自分も塩麹を扱ってみたいと思って、もう何年も経ってしまいました。

Re: ぶらくり佐藤さま。

一時期の塩麹ブームはかなりのものでしたからね。
沈静化して根付いた、そんな感じです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ